レクチャー となりのアプリ

降籏達生

デザイン事務所代表は「J-me」でリフレッシュ

文●美崎栄一郎

「iPhone/iPadバカ」でも知られるビジネス書作家・美崎栄一郎氏が、著名人のiPhoneの中身を覗き見!

 

  • 3f8d0ea642959a94046dfa54cc3d8447.jpg

見せる人/大悟法淳一

株式会社ごぼうデザイン事務所 代表。2008年設立後、書籍・雑誌などのエディトリアルデザインを中心に、グッズや広告などの制作も。さまざまなジャンルに対応。【URL】http://gobo-design.com

 

 

  • 1538c047a578d48238f3f05cad86f66b.jpg

大悟法淳一さんのiPhoneメイン画面にあるアプリ すずボイス/J-me/radiko.jp/LINE LIVE/ChatWork

 

 

ガンプラで息抜き

「好きを仕事にする」って本当に羨ましいことですが、その“好き”を極めることで、モノ作りの細部まで作者の魂が宿るんだと切に感じます。私自身、好きなiPhoneに関する本を書いたりしていますが、デザインを仕事にしている人で「この人は楽しんでいるなぁ」と尊敬している人がいます。それが、今回のゲストである株式会社ごぼうデザイン事務所の代表・大悟法(だいごぼう)淳一さんです。

大悟法さんの事務所を訪ねてみると、自作のプラモデルやフィギュア、趣味の本がいっぱい。テレビでしか見たことはないですが、「所ジョージさんの世田谷ベースもこんな感じなのかなぁ」と想像しつつ、楽しげな雰囲気の中でお話を伺いました。

まず気になったのが、事務所の至るところに飾られているガンダムのプラモデル(以下、ガンプラ)。ガンプラ制作は、大悟法さんの趣味の1つなのだとか。このガンダムのプロポーションを美しく魅せるために、パッと見ではわからないようにジョイント部分にプラ板を挟み、胴体などの高さを調整しているそうです。実に細かい作業ですが、これはあくまでも趣味。デザインの仕事でも細かい作業をするはずなのに、趣味の領域でも細かい作業をするのはなぜでしょう。聞いてみると、「プラモデル作りはクライアントの意向を反映せず、自分の世界だけで創り上げられるからです」とのこと。ガンプラ制作の細かい作業も、大悟法さんにとっては息抜きなのです。

また、大悟法さんから毎年送られてくるクリエイティブな年賀状も、私を魅了する要因の1つ。実は、私の書籍『悩めるリーダーの羅針盤』(早川書房)は、大悟法さんの年賀状のデザインを元に、本人に虹色の箔で星座をあしらった装丁に仕上げてもらいました。送られてくる年賀状のこだわりが楽しいので、つい「この人にお願いしたい!」とデザインを頼みたくなったのです。

また、雑誌『広報会議』(宣伝会議)も、表紙から中面のデザインまでごぼうデザイン事務所が手掛けていますが、この表紙がすごい。何がすごいかって、6カ月間の表紙がつながってデザインされているのです。このデザインを採用した理由については、「ドラゴンボールの背表紙に影響を受けた世代としてトライしたかった」とのこと(ドラゴンボールの単行本では背表紙が連続して1つの絵になっています)。これに気がついた人は楽しかっただろうなぁ。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧