特集 特集

下手にいじると大変なことに…

削除厳禁の大事なファイルを理解しよう!

文●海老原昭小原裕太栗原亮小平淳一吉田雷(MixtureScape)イラスト●大野文彰

ここまで不要なデータの削除テクを取り上げましたが、中にはファインダ上で下手に消してしまうと、最悪の場合Macが動かなくなってしまうなど、取り返しのつかないことになってしまう「大事なファイル」が存在しています。「使わなそうだから削除しちゃえ!」と大失敗する前に、必ず読んでください!

ユーザフォルダ

ファイル/フォルダの場所

/ユーザ/[ユーザ名]/配下

macOSは「ユーザ」としてログインすることで初めて利用できます。このとき、ユーザのデータを格納して置く場所が「/ユーザ/[ユーザ名]/」となり、その配下には馴染み深い「デスクトップ」や「書類」のほか、重要な設定ファイルが置かれる「ライブラリ」などがあります。

  • 81e3d142472672239d81284cf294c4a2.jpg

ユーザのための[ホーム]フォルダは重要です。

 

消したらどうなる?

「/ユーザ/」やその配下のフォルダを削除してしまうと、macOSにログインできなくなることも…。シングルユーザモードで復旧する方法もありますが、UNIXに精通している必要があります。

 

 

 

IDやパスワードを管理しているフォルダ

ファイル/フォルダの場所

/ユーザ/[ユーザ名]/Keychains/配下

ネットワークやWEBサイトなどのさまざまなIDとパスワードを管理している「キーチェーン」の情報が格納されているフォルダです。保存されたクレジットカード情報や、通信の盗聴や改ざん、プログラムの改ざんなどを防ぐ証明書も格納されています。

  • 05d745709702ab9688660f1854538a24.jpg

/ユーザ/[ユーザ名]/Keychains/以下のファイルを削除するなら、「キーチェーンアクセス」で確認しながら慎重に行いましょう。

 

消したらどうなる?

ID/パスワード情報が削除されるため、1から入力が必要になるほか、証明書を削除してしまった場合、もう一度同じ証明書を追加しないとmacOSやソフト、通信などが利用できなくなることも…。

 

 

 

メールソフトのメールファイル

ファイル/フォルダの場所

/ユーザ/[ユーザ名]/ライブラリ/Mail/配下
/ユーザ/[ユーザ名]/ライブラリ/
Mail Downloads/ 配下 など

標準の「メール」ソフトで使われているフォルダで、送受信したメールそのものが格納されています。サイズの大きな添付ファイルがある場合やメールの数によって、ストレージを圧迫することがあります。

  • 8f6b6ae459771ebf2fe0a6ee1b08de91.jpg

メールファイルには、大容量の添付ファイルが溜まっていることもあります。

 

消したらどうなる?

すべてを削除した場合、「メール」ソフトからメールが削除されます。Finderなどから確認した場合、どれがどのメールのデータなのかがわからないため、「メール」上から整理するのがよいでしょう。

 




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

便利テクで極限までダイエット❷
ダイエットに効くソフトは便利な機能を搭載していることから、中には有料で、しかも高価なものも多いのが現状です。なるべくお金をかけずにMacのストレージを減らしたいのならば、自分...

<<

「Mac快速メンテ術」の目次