特集 特集

純正ツールだから手軽にできて安心・安全!

タダで使えるOS標準機能でダイエット

文●海老原昭小原裕太栗原亮小平淳一吉田雷(MixtureScape)イラスト●大野文彰

内蔵ストレージの容量ひっ迫に悩んでいるのなら、真っ先に試したいのがApple純正のストレージ管理ツールです。クラウドへのデータの分散、不要コンテンツの削除、ゴミ箱の自動消去など、内蔵ストレージ容量を確保するための機能が1画面にまとめられています。

不要データの削除は難しい?

Macの内蔵ストレージは、今ではほとんどの機種でフラッシュメモリ(SSD)が採用されるようになりました。システムやソフトの高速な起動などのメリットが多いフラッシュメモリですが、かつてストレージの主流だったハードディスク(HDD)と比べると、まだまだ容量が小さいのが現実です。一方、写真や動画など、Macで扱うコンテンツの大容量化も進んでいるため、内蔵ストレージの空き容量にはいつも余裕がないという人も多いのではないでしょうか。

こまめに「ゴミ箱」を空にする、普段使わないデータは外付けストレージやクラウドに待避するといったことももちろん大切ですが、普段は目につかないところにある、いわば「隠されたデータ」の中から不要なものを削除することで、思った以上に空き容量が増えたり、慢性的な容量逼迫が解消したりすることがあります。

とはいえ、その「隠されたデータ」がどこにあるのかわからないければどうしようもありません。特に普段目につかないところにあるデータは、それを削除してしまうことでシステムに悪影響が出るという懸念がつきまといます。たしかに予備知識なしでむやみにデータを削除するのは危険です。クラウドを利用する場合も、クラウドへの送信中に何らかのトラブルでデータを失ってしまうというリスクはあります。

 

純正ツールなら安心

実はMacには、クラウドストレージのアイクラウドドライブ(iCloud Drive)に主要なデータをバックアップする機能や、普段目につかないデータを削除する機能、「ゴミ箱」を自動的に空にする機能など、内蔵ストレージの空き容量を確保するための機能が標準で備わっています。ただ、これらの機能を利用するための設定項目がさまざまな場所に散らばっているため、日常的なメンテナンスを行うには不便でした。

しかし、一世代前のOSであるmacOSシエラから搭載された「ストレージ管理ツール」では、これらの設定項目が1画面にまとめられ、ストレージ容量確保のためのさまざまな機能を簡単に利用できます。純正ツールなので、誤って重要なシステムデータを削除してしまうこともなく、「隠されたデータ」の中から不要なものだけを効率よく削除できます。

また、Macの内蔵ストレージが不足し始めると自動的にアイクラウドドライブにデータを待避する「ストレージの最適化」などの便利な機能も備わっています。安全・確実にMacの内蔵ストレージの空き容量を確保したい場合、さまざまな方法がありますが、まずはこの純正ストレージ管理ツールがファーストチョイスになることでしょう。

 

純正ストレージ管理機能の起動方法

  • 4da6e9ebd5006d92ba24963c41c456f7.jpg

(1)アップルメニューの[このMacについて]を選択します。

 

  • 4c9f37c2ba02abcb390779f21b5c2398.jpg
  • 38c49c0743849f0ada25824537fc514b.jpg

(2)Macのシステム情報が表示されます。[ストレージ]タブをクリックすると、内蔵/外部ストレージの利用状況が棒グラフで表示され、データの種類ごとの占有率がわかります。[管理]ボタンを押すと、純正ストレージ管理機能が起ち上がります。

 

純正ストレージ管理機能でできること

  • 7236744430b26f7be35681e32bfdb2c0.jpg

システム情報の[ストレージ]の画面で[管理]をクリックするとこの画面が表示されます。サイドバーの[おすすめ]をクリックすると、主要機能にすばやくアクセスできます。

 

(1)iCloudに保存

  • b75dbbdf5388e2fbaa846475d75627ab.jpg

iCloud DriveにMac内の主要なデータをコピーすると同時に、内蔵ストレージとiCloud Driveのデータを同期するように設定します。

 

(2)ストレージを最適化

  • ef09b1c7b7556532c0db711f80e9d309.jpg

iTunes Storeで購入した映画などの映像作品や、メールの古い添付ファイルなどを自動削除するように設定します。

 

(3)ゴミ箱を自動的に空にする

  • 98e21a4f45004d29057f0c5caa47e553.jpg

「ゴミ箱」の設定を変更し、「ゴミ箱」に入れてから30日経過したファイルやフォルダを自動的に削除できます。

 

(4)不要なファイルを削除

  • 8fb00014becdf30098ed179df7050e63.jpg

内蔵ストレージ内でシステムに関係のないファイルを、ファイルサイズが大きい順にピックアップしたり、[ダウンロード]フォルダの中身を参照したりできます。

 

(5)サイドバー

  • 9b14889cba0aa2163be658d1b33a188d.jpg

主要機能を表示する[おすすめ]とデータを管理する対象のソフトや機能名が並ぶ領域です。それぞれの名称を選択すると、画面右にその内容や設定項目が表示されます。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

「隠れメタボMac」チェック
Macのストレージの状態をユーザが正しく把握できていないと、使い始めて数年も経たずに空き容量が足りなくなってしまいます。大容量ファイルを保存した覚えもないのに、このような状態...

<<

「Mac快速メンテ術」の目次