レクチャー Macの媚薬

複数の音源ソースをまとめてワイヤレスで飛ばす!

文●栗原亮

Macの裏ワザ、隠しワザ、以外な活用方法など…大声では言えないとっておきの

Bluetoothで謎のトラブル発生。急遽ネットで取り寄せたワイヤレスのトランスミッタ/レシーバが意外な用途で活躍しました。

 

ブルートゥースを外付け化

最近のイヤフォンは、ブルートゥース(Bluetooth)が当たり前になっています。iPhoneユーザならエアポッズ(AirPods)一択と思われるかもしれませんが、個人的に耳の形状とフィットしないのでさまざまな製品を試しては取り換えている今日この頃です。

ワイヤレスといってもAAC対応のものであれば音質は十分で満足なのですが、ここで別の問題が生じました。Macを音源とした場合、ほかの部屋に移動すると音声がブチブチと途絶えたり接続が切れてしまう問題です。

ブルートゥースとはいえ10メートルは到達するはずなのに、壁の素材のせいか電波が干渉しているせいなのかいまいち接続が不安定なのです。

この現象を改善する方法を模索したところ、外付けのブルートゥーストランスミッタ/レシーバの「JPT1」を見つけました。

約44ミリ四方で18グラムと小型軽量にも関わらず、AACとapt−Xに対応となかなか期待できるスペックです。ブルートゥースの規格は4.1(クラス2)とMac内蔵とほぼ同じですが、外付けで設置場所の自由度の高さが気に入りました。付属のUSBマイクロケーブルで充電しながらも使えるので、サーバ機として使っているMacミニと組み合わせるのも面白そうです。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧