レクチャー Macの媚薬

サファリのプライバシー設定を見直す!

文●栗原亮

Macの裏ワザ、隠しワザ、以外な活用方法など…大声では言えないとっておきの

無料のものにはワケがある。そんなシンプルなことを思い起こさせる事態がインターネットで起きています。これを機に「プライバシー」の設定を見直してみませんか?

 

最近のWEB広告はエグい

WEBブラウズしていると、クッキー(Cookie)の利用についての同意のメッセージがポップアップ表示されることが増えました。これは、今年5月に施行されたEUの一般データ保護規則「GDPR」の影響です。個人情報の取得を禁じたわけではありませんが、取得にはユーザの同意が必須となったのでメッセージが表示されるわけです。

そもそもクッキーは、WEBサイトのログイン情報や設定をブラウザに保存しておくもので、そのWEBサイトを訪れているのが同じユーザであるのかを判断する場合に用いられます。サファリにもクッキーの使用をオフにする設定がありますので、検討してみてください。

また、WEBブラウズしていると行動履歴に応じて配信されるターゲティング広告に関しても、今後はGDPRのような規制が強化される流れにあることは間違いありません。

一方で、アップルはユーザのプライバシーを利用して収益を上げない姿勢を鮮明に見せているので、サファリの環境設定にトラッキング広告の制限といった項目をすでに搭載しています。そして最新のmacOSモハベ(Mojave)からはOSレベルでもターゲティング広告の制約を行う設定が追加されています。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧