私がLINEMOと楽天モバイルを契約して速度や料金の違いを比較してみた。

LINEMOと楽天モバイルは、どちらにもライトユーザーからヘビーユーザーまで使える料金プランがあることや、月額料金の安さなどの共通点が挙げられます。

一方で、利用回線やかけ放題オプション、通信速度、実店舗数などには両社で大きな違いも。

格安プランを自分で比較をするのはとても大変ですし、結局どちらを選ぶべきかわからなくなってしまう人も多いでしょう。

そこで今回は、LINEMOと楽天モバイルをあらゆる観点から徹底比較していきます。

独自のスピードテストなども行い結果をまとめているので、ぜひ格安プラン選びの参考にしてください。

他社と比較しながら決めたいという方には以下の記事もおすすめです。

<PRについて>

当サイト(アシタマガジン)を運営する株式会社マイナビ出版はアフィリエイトリンクを利用して広告表示を行っておりますが、その収益を元に様々な商品・サービスの購入や比較などの調査を行っております。今後も当サイトのコンテンツが皆様のお役に立てるよう様々な調査を行ってまいります。

目次

【スペック】LINEMOと楽天モバイルの基本スペックを比較

LINEMOスペック比較楽天モバイル
1位当サイトRANK2位
681.8Mbps平均速度59.1Mbps
738.5Mbps12時台速度12.3Mbps
ソフトバンク回線回線楽天回線
5G
eSIM
×iPhone購入
クレカ、口座引落支払方法クレカ、口座引落、代引、楽天P
テザリング
×パケット繰越
×パケット分け合い
オンラインサポートオンライン
×キャリアメール
5分 550円
無制限 1,650円
かけ放題15分 1,100円

まずはLINEMOと楽天モバイルのサービス概要を洗い出し、基本的なスペックを比較します。

表をご覧いただくと、大まかにどのような特徴があるかわかりますので、簡単にチェックしてみてください。

以下より各社のサービス的な特徴と、両社の比較について詳しく解説します。

LINEMOの基本スペック解説

LINEMOは3GBの「ミニプラン」と20GBの「スマホプラン」から選択できるソフトバンクのサブブランド。

「LINEMO」というだけあり、LINEのヘビーユーザーにとってはお得な特典がついているのが特徴です。

まず、どちらのプランにも「LINEギガフリー」を謳う特典がついています。

これは、LINEのメッセージや動画、画像のやり取り、音声通話、LINE VOOMの表示や投稿など、LINE内で対象の主要機能を使う際のデータ消費がカウントされないというもの。

1ヶ月に3GBや20GBを超えて通信速度制限がかかっても、LINEギガフリー対象の機能には影響しません。

また、スマホプラン(20GB)なら、LINEスタンププレミアムも無料。

通常は月額240円~480円のサブスクですが、1,000万種類を超えるスタンプが使い放題となります。

これらの特典は、楽天モバイルにはまずありません。

この他にも、LINEMOはホームルーターや光回線にも劣らない通信速度の速さ(※)が大きな魅力として挙げられます。

楽天モバイルのように無制限で使えるプランはありませんが、20GBまでたっぷり使いたい人も、高品質なインターネット通信を楽しめるでしょう。

  • 当サイトの独自調査の結果による。

楽天モバイルの基本スペック解説

楽天モバイルは、3GB以下~3GB超過から20GBまで~20GB超過から無制限と、段階制で料金が変動する料金プランが特徴のキャリア。

昨今では、パートナー回線の制限が撤廃されたため、高速通信かつ無制限で利用できるエリアが大幅に拡大しました。

通信速度はLINEMOと比べてしまうと劣りますし、お昼の通信速度の低下も気になります。

しかし使っても使わなくても無駄がない段階制の料金プラン、ルーターや光回線がなくても無制限で使えるメリットは楽天モバイルにしかない魅力といえるでしょう。

なお、通信速度については後ほど詳しく比較します。

また、楽天モバイルには「Rakuten Link」なる専用の通話専用アプリがあり、アプリを介した音声通話は無制限で無料となります。

最近では、家族割によるちょっとした割引サービスも登場し、とにかく料金の安さを重視したい人にとっては、満足度の高いブランドとなっているのではないでしょうか。

楽天モバイルはスマホ料金110円につき1ポイントの楽天ポイントがもらえて、SPU(※)の対象でもありますので、楽天ポイント経済圏の方にももちろんおすすめです。

  • スーパーポイントアッププログラム

LINEMOと楽天モバイルの違い

LINEMO楽天モバイル
料金プラン・3GB(ミニプラン)
・20GB(スマホプラン)
・3GB以下~
・3GB超過から20GB以下~
・20GB超過から無制限の段階制
音声通話が無料になる専用アプリ専用アプリはなし専用アプリで国内通話料無料
通信速度超高速(平均681.8Mbps)高速(平均59.1Mbps)
独自の特典・LINEギガフリー(両プラン対象)
・LINEスタンププレミアム(スマホプランのみ)
・料金110円につき1ポイントの楽天ポイント付与
・SPU対象で楽天市場でのお買い物がポイントアップ
利用回線ソフトバンク回線楽天回線/パートナー回線(au)
実店舗実店舗なし(オンライン専用)全国に1,000店舗以上
(2023年時点の楽天モバイル単体店舗、量販店などを含んだ数)
支払い方法・クレジットカード
・口座振替
・PayPay残高
・クレジットカード
・口座振替(端末代金は対象外)
・デビットカード(楽天銀行および一部の他社発行のカード)
・代引き(月額料金は対象外)
・楽天ポイント(クレジットカード・デビットカードでの支払い時のみ)

LINEMOと楽天モバイルで大きく異なる点をピックアップし、違いをまとめてみました。

料金についても後ほど詳しく比較しますが、LINEMOと楽天モバイルでは、特に料金プランや通信速度、独自の特典に注目することで、どちらが適しているか判断しやすくなるでしょう。

また、ソフトバンク回線は楽天モバイルにはないため、ソフトバンクを利用したい人はLINEMOを選ぶことになるかと思います。

このあとも通信速度や料金プラン、サポート体制など詳しく比較していきますので、この時点で迷っている人もぜひチェックしてみてください。

【速度】LINEMOと楽天モバイルの速度の違いを比較

LINEMOと楽天モバイルの通信速度を徹底比較します。

今回は当サイトで独自に時間帯ごとの通信速度を計測し、1日の平均通信速度と、回線が混雑しやすいお昼の平均通信速度を算出しました。

結論からお伝えすると、通信速度はLINEMOが圧倒的に速いです。

ただし、楽天モバイルも基本的には高速といえる通信速度が出ています。

1社ずつ各時間帯の通信速度を見ていきましょう。

LINEMOの通信速度

当サイト速度ランキング
平均速度昼休み時間の平均速度
681.8738.5
8時12時15時18時22時
127.1738.51227.51268.048.0

当サイトで計測したLINEMOの通信速度がこちらです。

朝から夜まで、1日を通して安定して超高速な通信速度がでています。

回線が混雑して、繋がりにくくなりがちなお昼の時間帯も、LINEMOは738.5Mbpsと超高速な結果に。

1日の平均通信速度は681.8Mbpsとなっており、通信速度は問題ありません。

22時の時間帯だけ通信速度が低下していますが、それでも48Mbpsもの速度があれば、高画質な動画視聴も問題ありません。

一般的な格安SIMだと35Mbps~50Mbpsの間におさまることが多いので、そう聞くとLINEMOの通信速度がどれほど速いのかイメージしやすいですよね。

楽天モバイルの通信速度

当サイト速度ランキング
平均速度昼休み時間の平均速度
59.112.3
8時12時15時18時22時
33.012.367.3128.155.1

楽天モバイルのスピードテスト結果がこちらです。

LINEMOに比べるとやや不安定さはあるものの、通信速度としてはお昼を除けば高速といえます。

先述したように、一般的な格安SIMの通信速度が35Mbps~50Mbps前後であることが多いので、楽天モバイルも十分な高速通信であることがわかりますね。

ただし、お昼の時間帯は極端に通信速度が落ちていますので、安定的な高速通信を求める人は注意が必要です。

テキストベースのウェブサイト閲覧や、SNS、ちょっとしたメッセージのやり取りくらいであれば問題なく利用できるかと思います。

朝8時や午後15時以降は、高画質動画も視聴できるような高速通信です。

【料金】1GB~20GBまで分かりやすく比較

LINEMO料金比較楽天モバイル
3GB
990円
1GB3GBまで
1,078円
2GB
3GB
20GB
2,728円
4GB20GBまで
2,178円
5GB
6GB
7GB
8GB
9GB
10GB
11GB
12GB
13GB
14GB
15GB
16GB
17GB
18GB
19GB
20GB
なし無制限無制限3,278円

LINEMOと楽天モバイルの月額料金を比較します。

まず「毎月3GB以下でしか使わない」という人なら、LINEMOの方がわずかに安いです。

ただし、楽天モバイルの家族割が適用となった場合は毎月110円が割引されるので、その際は楽天モバイルの方がわずかに安くなります。

確実に毎月3GBを超える人、あるいは月によってデータ使用量の差が激しい人は、楽天モバイルがお得です。

一方で「家計のルール上、スマホ料金は絶対に3,000円以下に抑えたい!」みたいな人の場合、楽天モバイルは少しでも20GBを超えた月は3,278円となるため、使い方は少し気をつけた方が良いかもしれません。

「とにかく安く、容量を気にせずたっぷり使いたい!」という人なら、楽天モバイルが良いでしょう。

ただし、かけ放題オプションを付けるかどうかや、独自の特典(LINEスタンププレミアムや楽天ポイントなど)を活用したいかどうかによっても、メリットは変わってきます。

かけ放題オプションの比較は後述していますので、音声通話の頻度が高い人はぜひあわせてチェックしてください。

【おすすめ】それぞれおすすめできる人教えます

LINEMOがおすすめな人、楽天モバイルがおすすめな人をそれぞれご紹介します。

どちらを選ぶべきか迷ってしまう人は、以下の解説も判断材料の一つとして参考にしてみてください。

LINEMOがおすすめな人

  • 毎月必ず3GB以下の利用で済む人
  • ソフトバンク回線を使いたい人
  • LINEのヘビーユーザー
  • LINEスタンププレミアムに加入している人、加入したい人(20GBのスマホプランのみ無料)
  • 通信速度の安定感やスピードを最重要視したい人
  • 音声通話の頻度が高く、品質を重視したい人
  • お昼の通信速度低下が許容できない人
  • 自分でスマホ端末を用意できる人
  • PayPayを日常的に利用している人

上記のいずれかに当てはまる人は、特にLINEMOがおすすめです。

LINEMOはミニプラン(3GB990円)の安さや、LINEスタンププレミアムがついたスマホプラン(20GB2,728円)のお得感が特徴。

また、当サイトランキング1位を誇る超高速な通信速度も魅力となっていますので、これらの恩恵を感じられるような人は、LINEMOを選択するのが良いでしょう。

また、LINEMOには5分かけ放題と、無制限かけ放題のオプションが用意されおり、大手キャリアと同じ「VoLTE(HD+)」の通話規格が採用されています。

このため、音声通話の品質を気にする人も、LINEMOなら品質も満足できるでしょう。

楽天モバイルがおすすめな人

  • とにかく安く、無制限にインターネットを楽しみたい人
  • 音声通話は料金の安さ重視の人
  • 実店舗でのサポートを求める人
  • 家族割を活用したい人(家族全員が毎月110円引き)
  • 月によってデータ使用量に差がある人
  • 楽天ポイントを貯めたり使ったりしている人
  • 楽天カードを持っている人あるいは楽天銀行のデビットカードを持っている人
  • 海外旅行や海外出張に行く機会がある人(70以上の国と地域で2GBまで海外ローミングが無料)
  • 端末を同時購入したい人

一方で、上記のいずれかに当てはまる人は、楽天モバイルを検討してみてください。

楽天モバイルの強みは、何といっても無制限で高速通信が使えることと、その料金プランの安さです。

「とにかく安く、たくさん使いたい」あるいは「月によってたくさん使う月と、あまり使わない月に分かれる」という人は、楽天モバイルの恩恵を十分に受けられるでしょう。

また、楽天モバイルは専用通話アプリを介した音声通話であれば、通話料が無料になります。

アプリ介した場合はLINEのようにデータ通信を使って通話をするので、LINEMOに比べると品質が劣る可能性はありますが、安さに魅力を感じる人は多いと思います。

この他にも、楽天ポイントを貯めている場合、楽天モバイルを使っているだけでポイントが貯まっていくので、楽天ポイント経済圏の人にもとてもおすすめですよ。

【回線】LINEMOと楽天モバイルの利用回線は?

次に、LINEMOと楽天モバイルの回線の違いを比較していきましょう。

LINEMOはソフトバンク回線、楽天モバイルは楽天回線とパートナー回線(au)を使用します。

まずLINEMOのソフトバンク回線ですが、4G回線はソフトバンクと全く同じエリアで利用できます。

一方で5G回線はエリアが限定されています。。

5G回線は、4G回線に比べて高速かつ低遅延、同時接続に強い特徴があります。

山間部や田舎の方にも十分な基地局数はありますが、エリアによっては5G回線が使えない可能性がありますので、予めLINEMOの公式サイトで対応エリアを確認しておくのがおすすめです。

楽天モバイルは自社回線とau回線を使用しますが、au回線の利用制限が撤廃され、より広範囲で無制限利用が可能となりました。

自社回線は順次増設しており、自社回線の5Gエリアも拡大中です。

人口カバー率は99.9%を謳っており、電波の届かない場所がほとんどないと考えられますので、安心して使っていただけるでしょう。

時間帯によっては回線が混雑することもありますので、そのあたりはご自身の許容範囲にあわせて判断してみてください。

【端末】LINEMOと楽天モバイルは端末同時購入できる?

LINEMOと楽天モバイルは、契約と同時に端末を購入できるのでしょうか。

結論としては、LINEMOは端末の同時購入が不可、楽天モバイルは端末の同時購入が可能となります。

LINEMOの契約と同時に機種変更をしたい人は、別途スマホの販売店で端末を入手しておきましょう。

楽天モバイルでは端末の同時購入ができる上、取扱い機種も豊富です。

iPhoneは最新機種を取り扱っていますし、GalaxyやXperia、OPPOなどAndroid端末の人気どころもおさえている印象なので、スマホ好きの方もある程度機種を選べます。

楽天ポイントが還元されるキャンペーンも頻繁に実施されているので、契約と同時に端末を購入するのもおすすめですよ。

【パケット】繰り越しや分け合いができるかどうか

余ったパケットは、可能な限り繰り越しやシェアで無駄なく使いたいものです。

しかしLINEMO、楽天モバイルともに余ったパケットを繰り越したり、シェアしたりできるサービスはありません。

楽天モバイルの現行プラン「Rakuten最強プラン」は、データ使用量に応じて段階的に料金が変動するため、「パケットが余る」という概念がないんですね。

また、旧プランのドコモ回線ユーザーに限り、月額料金110円で「データシェアプラン」に加入できますが、これから契約する人はドコモ回線を選択できないので、実質的にデータシェアも不可能と考えて良いでしょう。

なお、LINEMOに関しては単純に繰り越し、データシェアはできないということになります。

【サポート】LINEMOと楽天モバイルのサポート体制の違いは?

LINEMOと楽天モバイルには、サポート体制に比較的大きな違いがあります。

LINEMOはオンライン専用、楽天モバイルはチャットやコミュニティでのサポートに加え、全国に配置された実店舗があるのが特徴です。

この項目では、こうした両社のサポート体制について比較してみましょう。

LINEMOのサポート体制

LINEMOのサポート体制は以下の通りです。

LINEMOのサポート体制
  • 有人チャットでの相談:9:00~20:00まで
  • 契約関連専用の有人チャットでの相談

オンライン専用プランとはいえ、20:00までの比較的遅い時間まで有人チャットに対応してくれるので、万が一の時でも安心です。

有人チャットには契約関連専用の窓口もあるので、契約前に相談したいことや疑問があれば、チャットで問い合わせてから判断することもできます。

ただし、ソフトバンクやワイモバイルなどの実店舗では一切対応ができないため、予め理解は必要です。

楽天モバイルのサポート体制

楽天モバイルのサポート体制は以下の通りです。

楽天モバイルのサポート体制
  • 楽天モバイルコミュニティ
  • 有人チャット:9:00~23:00
  • 電話:9:00~17:00
  • 実店舗:全国1,000店舗以上(2023年時点の単体店舗、量販店を含む

楽天モバイルは一見すると料金の安さに特化している印象を受けますが、思いのほかサポート体制が充実しています。

実店舗、電話、有人チャットに加え、ユーザー同士で解決できるコミュニティ(※)も用意。

出先で困った時にも、お仕事で帰りが遅くなってしまった時にも、深夜帯で気になることが出てきた時にも、何かしらの方法で問い合わせができますね。

オンラインでの対応に慣れている人なら、最低限有人チャットがあれば何とかなりそうですが、オンライン対応に慣れていない人でも利用しやすいのは魅力的です。

【通話】かけ放題オプションの比較

音声通話を頻繁に利用する人は、かけ放題オプションの比較も欠かせません。

簡単にお伝えすると、楽天モバイルはとにかく安く、LINEMOは料金よりも通話品質重視な人におすすめです。

LINEMOと楽天モバイルでは、かけ放題の仕組みやオプションのラインナップが大きく異なりますので、気になる人は忘れずにチェックしておきましょう。

LINEMOの通話に関するオプション

LINEMOでは月額550円の5分かけ放題と、月額1,650円の無制限かけ放題が選べます。

各種基本料金とオプションを組み合わせた月額料金は、以下のようになります。

  • ミニプラン(3GB)×5分かけ放題:月額1,540円
  • ミニプラン(3GB)×無制限かけ放題:月額2,640円
  • スマホプラン(20GB)×5分かけ放題:月額3,278円
  • スマホプラン(20GB)×無制限かけ放題:月額4,378円

また、LINEMOの通話規格は「VoLTE(HD+)」と呼ばれる大手キャリアと同じものが使われるので、遅延などがなくクリアな品質で通話を楽しめます。

楽天モバイルの通話に関するオプション

楽天モバイルの場合は、専用アプリ「Rakuten Link」を介した国内通話は無制限で無料です。(※)

また、月額1,100円の15分かけ放題であれば、通常の通話網を使った高品質な音声通話が利用できます。

  • Rakuten最強プラン×Rakuten Linkアプリ:基本料金のみ(月額1,078円~2,178円~3,278円)
  • Rakuten最強プラン×15分かけ放題:月額2,178円(3GB以下)~月額3,278円(3GB超20GB以下)~月額4,378円(20GB超無制限)

「データ通信も音声通話もとにかく安く、たくさん使いたい」という人は楽天モバイルを選ぶと良いでしょう。

  • 0570から始まる番号や、災害伝言サービスなどの一部特番など無料通話対象外の番号もあります。

【まとめ】LINEMOと楽天モバイルを使ってみた違い

LINEMOと楽天モバイルは、どちらも比較的格安で、なおかつライトユーザーからヘビーユーザーまで選べる料金プランが魅力的。

LINEMOはLINEギガフリーや、LINEスタンププレミアム(スマホプランのみ)といった特典があることや、超高速な通信速度が特徴です。

PayPayを日常的に利用している人なら、PayPay残高で利用料金を支払うこともできます。

一方で、楽天モバイルは3GB以下から無制限まで、使う月も使わない月も無駄なく変動してくれる料金プランが特徴。

LINEMOと比べて通信速度は若干不安定ではあるものの、料金の安さや、専用アプリによる無料かけ放題、実店舗などでの手厚いサポート体制など、魅力もたくさんあります。

楽天ポイント経済圏の人にもおすすめです。

どちらにも異なる魅力的な特徴があるので、ぜひ本記事を参考に、自分にあったブランドを選択してくださいね!

  • この記事は情報の正当性についてチェックしておりますが、一部広告を含む場合があります。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次