将棋情報局

購入形態

書籍(特典付き)
2,728円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
書籍 実戦集

谷川浩司の将棋 矢倉篇【棋譜データ付き】

発売日:2018-10-16

販売元:マイナビ出版

判型:A5

ページ数:336ページ

難易度:初級~中級

ISBN:978-4-8399-6631-7

谷川浩司、42年の軌跡

※サイン入り書籍は予定数量に達したため、終了いたしました。たくさんのご注文ありがとうございました。

将棋情報局、またはマイナビBOOKSにて、本書の書籍版または電子版をご購入いただくと、マイページから「解説手順の棋譜データ」がダウンロードできるようになります。

ファイルは.kifファイルを読み込める将棋ソフト(激指シリーズなど)で閲覧できます。
お持ちでない方は、各種フリーソフトでも閲覧できますので、お持ちのパソコンのOSに合ったソフトをダウンロードください。

棋譜データの詳しい使い方はこちらをご確認ください。

※特典の棋譜データダウンロードには会員登録(無料)が必要です。ご購入時に必ず会員登録をお願いいたします。



「私が棋士になったのが、昭和51年12月20日。中学2年生の時であった。以来、間もなく42年の月日が流れる。公式戦の対局数は2200局を超えた。いろんな将棋を指したし、いろんな手を指した。思い出を語ればきりがないが、できれば現役時代のうちに自分の指した将棋の中身をもう一度確かめておきたいというのが、私の前からの念願であった。今の目で見た自分の将棋を書き残しておきたかったのだ。
 そこで本書を出版させていただくことになったのである」(まえがきより)


本書は谷川浩司九段が42年に及ぶ将棋人生を自らの言葉で振り返る「谷川浩司の将棋」シリーズ第1弾、矢倉篇です。

中学生棋士としてプロデビューしてから現在に至るまで常に一線で活躍し続けてきた谷川九段にしか語れない言葉あります。

また、残してきた名局の数々は羽生善治竜王はじめ、数多くの棋士に影響を与えてきました。

本書では第1部で「講座編 私的矢倉観」と題して谷川九段が実際に経験してきた40年の矢倉の変遷を解説します。第2部は「自戦記編」。谷川九段が指した矢倉の対局約440局の中から自らが選んだ珠玉の20局を詳細に解説します。

対中原誠、加藤一二三、米長邦雄、南芳一、森下卓、羽生善治、佐藤康光、森内俊之、村山聖、郷田真隆。いずれも歴史に残る名勝負ばかりです。

本書こそ、全将棋ファン必携の一冊といえるでしょう。

新着商品!

商品一覧へ