先手三間飛車を完全攻略! 出口流▲7八飛戦法破り【数量限定でサイン本発送&棋譜データ付き】|将棋情報局

将棋情報局

9784839978242.jpg

購入形態

書籍(特典付き)
1,694円
在庫有り (残り20)
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
講座 書籍 講座

[予約] 先手三間飛車を完全攻略! 出口流▲7八飛戦法破り【数量限定でサイン本発送&棋譜データ付き】

発売日:2021-11-30

販売元:マイナビ出版

判型:四六判

ページ数:240ページ

難易度:中級~有段

ISBN:978-4-8399-7824-2

なぜ▲7八飛戦法なのか?―その優秀性と対策に切り込む


数量限定!サイン入り書籍キャンペーン実施中!


将棋情報局・マイナビBOOKSにて書籍版をご予約、ご購入いただいた方に、数量限定で出口若武五段のサイン入り書籍をお届けします!
期間内でも数量に達し次第終了となりますので、ぜひお早めにご注文ください!

※電子版(PDF版)にはサインは入りません。誤って購入した場合、返金は承れませんのでご注意ください。
※サイン入り書籍のご購入は、お一人様1冊まででお願いいたします。

【発送に関して注意事項】
○地域や運送事情により、お届けは発売日より遅くなる可能性がございます。
○他販売店と発売日が異なる場合がございます。
○サイン本のため、若干スレやヨレがある可能性がございます。
○ご自宅のポストにお名前が明記されていない場合、お届けできないことがございます。


▲7八飛戦法とは、その名の通り「初手▲7八飛」と指す作戦です。

なぜ▲7八飛戦法なのか?
そもそもメリットはあるのか、マイナー戦法に過ぎないのではないか?
そう思った方も少なくないでしょう。
それでは、初手▲7六歩から三間飛車を目指す場合と何が違うのでしょうか。

著者の出口若武五段は「初手▲7八飛は後手の相振り飛車と右四間飛車を最大限に警戒した一着」と評価します。
角道を保留するので従来のノーマル三間飛車に比べて安全に駒組みができ、また速攻にも対応しやすくなっています。
また、攻撃力もあるので、実は振り飛車の優秀な作戦なのです。

▲7八飛戦法への後手の対策はいくつかありますが、本書では居飛車で8筋を伸ばして真っ向から咎めにいく指し方を中心に解説しています。中には最終盤まで研究するような変化もあります。

「三間飛車は人生で最も指した」と語る出口五段。
その研究のすべてが1冊に詰め込まれています。

新たな将棋の可能性を広げた▲7八飛戦法の攻防をお楽しみ下さい。

将棋情報局、またはマイナビBOOKSにて、本書の書籍版または電子版をご購入いただくと、発売日以降マイページから「解説手順の棋譜データ」がダウンロードできるようになります。

棋譜データは.kifファイルを読み込める将棋ソフト(激指シリーズなど)で閲覧できます。
お持ちでない方は、各種フリーソフトでも閲覧できますので、お持ちのパソコンのOSに合ったソフトをダウンロードください。

棋譜データの詳しい使い方はこちらをご確認ください。

※特典の棋譜データダウンロードには会員登録(無料)が必要です。ご購入時に必ず会員登録をお願いいたします。
※棋譜データは私的な利用に限りお使いいただけます。第三者への提供・公開等は禁止します。

目次

序 章 ▲7八飛戦法の特長
第1章 ▲6六歩と▲7五歩について
第2章 ▲7八飛対相振り飛車
第3章 ▲7八飛対△8四歩型 ▲8八飛の変化
第4章 ▲7八飛対△8四歩型 ▲9六角の変化
第5章 角交換型振り飛車
巻末チャート

著者プロフィール

  • 出口若武(著者)

    1995年4月28日生まれ、兵庫県出身。
    2007年9月、6級で井上慶太九段門下。
    2019年4月1日、四段。
    2021年3月5日、五段。

    振り飛車も採用する居飛車党で、角換わりと相掛かりを得意とする。
    三段時代に出場した第49期新人王戦では決勝三番勝負に進出するなど、
    プロ入り前から頭角を現している若手実力者。
    第79期順位戦C級2組で9勝1敗の成績を収め、C級1組に昇級。
    第92期ヒューリック杯棋聖戦では一次予選と二次予選を勝ち抜いて、決勝トーナメントに進出した。
    本作が初の著書となる。

新着商品!

商品一覧へ