将棋情報局

9784839972813.jpg

購入形態

書籍(特典付き)
2,706円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
弊社配送センター棚卸期間のため、9月18日以降のご決済分については10月1日以降順次配送開始となります
書籍 実戦集

百折不撓 木村一基実戦集【棋譜データ付き】

発売日:2020-04-22

販売元:マイナビ出版

判型:A5

ページ数:296ページ

難易度:中級~有段

ISBN:978-4-8399-7281-3

46歳で初タイトル奪取! 7度目の挑戦で夢をかなえた木村将棋の軌跡

★サイン本抽選は締め切りました

「百折不撓」――何度失敗しても信念を曲げないこと。本書は46歳、7度目の挑戦で悲願の初タイトルを獲得した木村一基王位の実戦集です。

[第1部 自戦記編]では将棋の詳しい内容だけでなく、「順位戦の大変さは分かっていたつもりでしたが、A級の根性を教えられた」(対藤井猛九段戦)、「局後の感想戦では、これまで応援してくれた人の顔が脳裏に浮かび、不覚にも涙が……」(対深浦王位戦)、「タイトルが自分には縁のないもののように思えた」(対羽生王位戦)など、普段は見せない胸の内を正直に明かしています。

また[第2部 棋譜解説編]では、弟子の高野智史五段が解説を担当。「▲4九歩の先受けが印象的。受け師の片鱗が垣間見える」、「△7一角に始まり、要所での正確な受けが師匠らしい」、「中盤の△3三玉、あの一手を見ただけで誰の将棋か分かる」など、木村王位を誰よりも知る棋士の一人として、その魅力を余すことなく伝えています。

自戦記編13局のうち5局が敗局なのは実戦集としては珍しいことですが、どの将棋も歯を食いしばって戦ってきた意味のある軌跡です。ぜひ、将棋盤に並べて鑑賞していただきたいと思います。

将棋情報局、またはマイナビBOOKSにて、本書の書籍版または電子版をご購入いただくと、マイページから「解説手順の棋譜データ」がダウンロードできるようになります。

ファイルは.kifファイルを読み込める将棋ソフト(激指シリーズなど)で閲覧できます。
お持ちでない方は、各種フリーソフトでも閲覧できますので、お持ちのパソコンのOSに合ったソフトをダウンロードください。

棋譜データの詳しい使い方はこちらをご確認ください。

※特典の棋譜ファイルダウンロードには会員登録(無料)が必要です。ご購入時に必ず会員登録をお願いいたします。

著者プロフィール

  • 木村一基(著者)

    1973年6月23日生まれ、千葉県四街道市出身。
    1985年、6級で奨励会入会。(故)佐瀬勇次名誉九段門下。
    1997年4月、四段。
    2007年4月、八段。
    2017年6月、九段。

    2001年度、61勝を挙げて将棋大賞で3部門(勝率、最多勝利、最多対局)を受賞。
    2005年10月、第18期竜王戦でタイトル初挑戦。
    2007年3月、順位戦でA級に昇級。
    2017年12月、将棋栄誉賞(通算600勝達成)。
    2019年9月、第60期王位戦で豊島将之王位を破り、初タイトル獲得。
    タイトル戦登場は7回、獲得は王位1期。棋戦優勝は新人王と朝日杯の2回。

    矢倉、角換わり、相掛かり、横歩取りを指しこなし、対振り飛車には急戦を好む居飛車党。力強い受けが持ち味で「千駄ヶ谷の受け師」の異名を持つ。
    将棋の実力もさることながら、大盤解説では軽妙なトークで笑いを誘い、その気さくな人柄もあって「将棋の強いオジサン」と呼ばれて親しまれている。
    主な著書は「木村の矢倉 急戦・森下システム」、「木村の矢倉 3七銀戦法基礎編」、「木村の矢倉 3七銀戦法最新編」(日本将棋連盟)、「木村一基の初級者でもわかる受けの基本」(NHK出版)など。

新着商品!

商品一覧へ