将棋情報局

9784839972066.jpg

購入形態

書籍(特典付き)
1,804円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
書籍 詰将棋

[予約] 詳解 詰将棋解答選手権 初級・一般戦 2009~2019【棋譜データ付き】

発売日:2020-02-25

販売元:マイナビ出版

判型:四六判

ページ数:256ページ

難易度:初級~中級

ISBN:978-4-8399-7206-6

若島正が全問解説!詰将棋解答選手権初級・一般戦、10年分の過去問題集

みなさんは詰将棋解答選手権初級・一般戦をご存知でしょうか。
本大会は例年4月に開催されている、詰将棋の解答の正確さと速さを競う大会です。
昨年は、「札幌・おいらせ・青森・盛岡・天童・沼田・熊谷・松戸・船橋習志野・さいたま・東京・甲府・佐久・新潟長岡・石川・静岡・高山・瀬戸・名古屋栄・名古屋昭和・大阪・倉敷・広島・丸亀・福岡春日・大分・長崎」全国27箇所で開催され、計1313人が参加しました。 今最も勢いのある将棋系イベントと言えるでしょう。

また本大会の別部門であるチャンピオン戦には、斎藤慎太郎七段や宮田敦史七段をはじめとする多くのプロ棋士が参加しています。
藤井聡太七段も小学2年生の時から毎年参加しており、昨年は5年連続優勝を果たしたことで話題となりました。

本書は初級・一般戦の過去11年分の問題を、大会の創始者である若島正さんがやさしく分かりやすく解説したものです。
若島さんは詰将棋の2大賞である塚田賞7回・看寿賞9回を受賞している一流詰将棋作家でありながら、英文学者・翻訳家・チェスプロブレム作家の肩書を持つ天才。

本大会で出題される問題は一流の詰将棋作家達が創り上げた作品です。
初級戦は1手詰~5手詰が6問。一般戦は5手詰~15手詰が6問出題されます。

詰将棋解答選手権初級一般戦へ参加を考えている方や優勝を目指している方、詰将棋が好きな方は必携の一冊です。

※詳解 詰将棋解答選手権 チャンピオン戦 2004~2019【予約限定で小冊子付き】【棋譜データ付き】はこちら

将棋情報局、またはマイナビBOOKSにて、本書の書籍版または電子版をご購入いただくと、マイページから「解説手順の棋譜データ」がダウンロードできるようになります。

ファイルは.kifファイルを読み込める将棋ソフト(激指シリーズなど)で閲覧できます。
お持ちでない方は、各種フリーソフトでも閲覧できますので、お持ちのパソコンのOSに合ったソフトをダウンロードください。

棋譜データの詳しい使い方はこちらをご確認ください。

※特典の棋譜データダウンロードには会員登録(無料)が必要です。ご購入時に必ず会員登録をお願いいたします。

著者プロフィール

  • 若島正(著者)

    昭和27年8月10日生まれ
    京都大学理学部卒、同文学部英文科卒、同大学院文学研究科修士課程修了。2018年、京都大学名誉教授に就任。
    詰将棋の2大賞である塚田賞7回、看寿賞9回を受賞している当代随一の詰将棋作家であり、
    英文学者・翻訳家・チェス・プロブレム作家の肩書を持つ。
    第1回~第10回詰将棋解答選手権の主宰。
    退任後、選手として出場した際には広瀬章人竜王、久保利明九段らトップ棋士を抑えて61歳で優勝。
    2001年、『乱視読者の帰還』で本格ミステリ大賞受賞。
    2003年、『乱視読者の英米短篇講義』で第55回読売文学賞受賞。
    他、、『殺しの時間 乱視読者のミステリ散歩』(2006年)『ロリータ、ロリータ、ロリータ』など著書多数。

新着商品!

商品一覧へ