将棋情報局

第14期 >> 五番勝負第2局

常磐ホテル(1)

2021.04.21

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

常磐ホテルは1929年創業。3000坪の広大な日本庭園は四季折々の風景が楽しめます。皇室の利用も多い、甲府の迎賓館として知られています。また、山口瞳氏、井伏鱒二氏、松本清張氏ら文豪にも愛されたホテルです。
1954年に第3期王将戦七番勝負第6局の▲升田幸三八段-△大山康晴王将戦が行われた(大山勝ち)のを皮切りに、将棋や囲碁のタイトル戦が数多く指されてきました。将棋のタイトル戦は今回で14回目となります。

(常磐ホテル)

(日本庭園は3000坪。左の大きな木は、作家の井伏鱒二氏ゆかりのけやき。井伏氏は将棋愛好家の一人で、阿佐ヶ谷で仲間たちと将棋をよく指していた)

(館内に本局が行われている「九重」でたたずむ井伏鱒二氏の写真が展示されている)

(作家の山口瞳氏が愛したかりんの木。山口氏は将棋愛好家で『血涙十番勝負』が知られる。将棋ペンクラブの選考委員も務めた)

(常磐ホテルは昭和天皇も宿泊した)

(奥の離れの「貴松亭」に昭和天皇が宿泊した。2階の「御幸」は当時の雰囲気を残しているという
https://tokiwa-hotel.co.jp/yumura/hanare/cottage_10.html
(銀杏)