将棋情報局

8 よく出る「反則」について

指してはいけない「反則」がある

将棋は自分の番であれば好きな手が指せますが、中には「禁じ手」という、指してはいけない「反則」の手があります。

ルールを覚えたての時は、どちらかが「反則」をしてもお互いに許してあげて、「反則」が起きる前の場面からもう一度指すのも一案ですが、プロではもちろん、アマチュアの大会でも「反則」を指してしまうと即、負けとなります。

駒の動かし方の勘違いで起こる「反則」から、ルールで「禁じ手」と定められている「反則」までいろいろありますので、この章でしっかり覚えてください。

※下から項目を選んでください。

動きを間違えやすい駒~角、金、銀

ugoki_kaku_thumb.jpg ugoki_kin_thumb.jpg ugoki_gin_thumb.jpg

駒を飛び越さない~飛、角、香は注意!桂はOK!

ugoki_hi_thumb.jpg ugoki_kaku_thumb.jpg ugoki_kyou_thumb.jpg

ugoki_kei_thumb.jpg

自分の駒を取らない

ugoki_hi_thumb.jpg

※全部の駒に共通です

玉は自分から取られるマスに動かない

ugoki_gyoku_thumb.jpg

一度成ったら戻れない

ugoki_gin_thumb.jpg

※玉、金以外共通です

持駒は成り(裏)では打てない

ugoki_kaku_thumb.jpg

※玉、金以外共通です

行きどころがない駒

ugoki_kei_thumb.jpg ugoki_kyou_thumb.jpg ugoki_fu_thumb.jpg

縦に歩が並ぶ「二歩」

ugoki_fu_thumb.jpg

「打ち歩詰め」の反則~「突き歩詰め」はOK!

ugoki_fu_thumb.jpg


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者