将棋情報局

自分の駒を取らない

もともと味方なので自分の駒は取れない

もう一度、前ページの「駒を飛び越さない」で出てきた図1で飛がどこに動けるかを見ていきます。

【図1】

図2は自分の桂を取りながら進んでいます。相手の駒は取れますが、自分の駒は取れません。

【図2】

図3は飛が2つ下がりました。これは正しい動きです。

【図3】

将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者