将棋情報局

【成銀】【成桂】【成香】【と金】の動き方

【成銀】【成桂】【成香】【と金】の動き方

これまで説明した玉から歩までの駒の裏を見てください。玉と金以外にはなにかの文字があるはずです。

裏側は《2 駒を正しく並べよう》で少し触れた、駒を「成る」場合に使います。

まず、「成る」を簡単に説明しましょう。

玉と金以外の駒は相手の陣地に入る、または相手の陣地内にある駒を動かすと、動き方を変える(パワーアップさせる)ことができます。

これを「成る」といい、「成る」時に、それまで表面を使っていた駒を裏返すのです。

玉と金は相手の陣地に入っても成れないので、なにも書いていません。

それぞれに字の形が違いますが、成銀・成桂・成香・と金の4つの駒はすべて「金」と書かれています。つまり、この4つの駒が成ると動き方も金と同じになるのです。

【銀、桂、香、歩の成駒】

 

【成駒の動き方 その2】の右側の成銀は金と同じなので◎がついている6つのマスのどこかに動けます。 左側の成桂は前方向に動けるマスがないので、◎のついている右と左に1つ、後ろに1つで合計3つのマスのどこかに動けます。

【成駒の動き方 その1】

 

【成駒の動き方 その2】の右側の成香はスミにいるので前方向と右には動けるマスがありません。◎のついている左に1つと後ろに1つで合計2つのマスのどちらかに動けます。

左側のと金は左端にいるので左方向には動けるマスがありません。◎がついている前・右ななめ前・右横・後ろの4つのマスのどこかに動けます。

【成駒の動き方 その2】

将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者