将棋情報局

【銀】【桂】【香】【歩】の動き方

【銀】の動き方

銀は図の中央のように、まわりに自分の駒がいなければ◎のとおり前に3つ、ななめ下に2つの、合計5つのマスのどこかに動くことができます。金と前3つは同じですが横と後ろの動きがちょうど反対になります。

次に図の右端の一番下に銀がいます。右や下には動けるマスがないので2つのマスのどちらかに動くことができます。

左側の銀は左下に自分の桂がいるので、ここには動くことができません。そのほかの4つのマスのどこかに動くことができます。

※グレーのマスには動けません。

【銀の動き方の図】

【桂】の動き方

桂は図の中央のように、1つ前に自分や相手の駒がいても◎のついている2つのマスのどちらかに動くことができます。桂はYの字でジャンプするため「跳ぶ」といわれます。

次に図の右側に桂がいます。右にはスペースがないので、◎のあるマスに動くことができます。

左側の桂は自分の歩がいるので動くことができません。

【桂の動き方の図】

【香】の動き方

香は図の中央のように、自分や相手の駒がいなければ、前にずーっと進め、◎がついているマスのどこかに動くことができます。後ろにはひとつも下がることができません。

次に図の右端の香は自分の歩がジャマしているので、その後ろの3つのマスのどこかに動くことができます。

左端の香はすぐ前に自分の歩がいるので動くことができません。

【香の動き方の図】

【歩】の動き方

歩は図の中央のように、◎のついている前に1つだけ動くことができます。歩の動き方はこれだけで、後ろにも横にも動けません。

次に図の右側の歩は2つ前に桂がいます。1つ前のマスが空いているので進むことができます。

左側の歩はすぐ前に自分の桂がいるので動くことができません。

歩は前に1つしか動けませんが、歩をうまく使うことが強くなる近道です。

【歩の動き方の図】

将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者