将棋情報局

【飛】【竜(飛の裏)】【角】【馬(角の裏】の動き方

【飛】の動き方

飛は図1のように中央にいれば、縦・横にずーっと進め、◎がついているマスのどこかに動くことができます。

【飛の動き方 図1】

図2は自分の駒がいるので動きが止まるため、◎がついているマスのどこかに動くことができます。

【飛の動き方 図2】

 

【竜(飛の裏)】の動き方

竜は図1のように中央にいれば、飛の縦・横の動きにななめ1つずつ、合計4つの動きが増えて◎がついているマスのどこかに動くことができます。

【竜の動き方 図1】

図2は自分の駒がいるので動きが止まるため、◎がついているマスのどこかに動くことができます。竜はいわば飛と玉の合体形です。

【竜の動き方 図2】

【角】の動き方

角は図1のように中央にいれば、右・左のななめにずーっと進め、◎がついているマスのどこかに動くことができます。

【角の動き方 図1】

図2は自分の駒がいるので動きが止まるため、◎がついているマスのどこかに動くことができます。

【角の動き方 図2】

 

【馬(角の裏)】の動き方

馬は図1のように中央にいれば、角のななめの動きに前後左右1つずつ、合計4つの動きが増えて◎がついているマスのどこかに動くことができます。

【馬の動き方 図1】

2は自分の駒がいるので動きが止まるため、◎がついているマスのどこかに動くことができます。馬はいわば角と玉の合体形です。

【馬の動き方 図2】

将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者