プロダクト&リリース iなmono HARDWARE

iPhoneで夜空に光る天体をくっきり撮影

文●栗原 亮

注目のハードウェアをピックアップ!「天体望遠鏡 スマートフォン用カメラアダプター」

宇宙からミジンコまで

今年は月が地球に最接近する「スーパームーン」や1カ月で2回満月になる「ブルームーン」、皆既月食で赤っぽく見える「ブラッドムーン」が同時に起こる「スーパーブルーブラッドムーン」という珍しい天体現象が発生するなど、天体イベントが賑やかです。SNSでもこの珍しい月を撮影した写真がたくさん投稿されたのですが、どれも真っ黒な夜空に小さく光る点が見えるだけで、それが大きいのか赤いのかわからないものが大半。プロが一眼カメラで撮影したような美しい天体写真を、もっと手軽にiPhoneで撮影する方法がないかと探していたところ、この天体望遠鏡のカメラアダプタを見つけました。

発売しているのは天体望遠鏡などで有名なビクセンで、アダプタ自体は円筒状の接眼部を持つ光学機器で、サイズさえ合えばどれでも取り付けられるユニバーサル設計。つまり、どのメーカーの望遠鏡でも顕微鏡でも利用できます。

レンズ位置に合わせ装着

  • 09c223c4f224860135c379490150779f.jpg

固定用のアームをスライドさせてiPhoneを取り付けます。デュアルレンズの場合は、レンズの中心がホルダの開口部に合うように調整して固定します。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧