Command+Eye Command+Eye

“Macを操作する手足”の微調整で驚きのカイカンが待っている

Macのカーソル操作を劇変させる「カーソルセンス」がスゴイ!

文●中村朝美

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

マウスやトラックパッドを操作しているとき、画面上のカーソルの動きがなんだかもどかしく感じるときはないだろうか? そんなときは「カーソルセンス」というソフトを使ってみるといいだろう。これを使えば、システム環境設定で変更できない、カーソルの感度や加速度を調整することができる。

 

ストレスのない操作感

マウスを使うにせよ、トラックパッドを使うにせよ、Macユーザは画面上に表示される「カーソル」(もしくは「ポインタ」とも呼ばれる)を操作して画面上のオブジェクト(ボタンやアイコン、メニューなど)を間接的に触る。直接指でタッチ操作できるiOSデバイスと比べてしまうと、なんだかもどかしく感じることがある。おそらくそれは手や指の動きとカーソルの動きにズレがあるからだ。それを解消しようとしても、macOSのシステム環境設定では「軌跡の速さ」しか調整できない。

Macでは古くからカーソルの動きに合わせて、加速度が自動的に設定されている。カーソルを素早く動かすと移動距離が長くなり、ゆっくり動かすと短くなるようになっているというわけだ。ユーザが設定できる「軌跡の速さ」とは、ゆっくり動かしたときの感度だけなのである。

そこで、おすすめしたいのが「カーソルセンス」というソフトウェア。これは、汎用マウスドライバとして人気の高い「ステアーマウス」と同じプレンティコム・システムズが開発した、カーソルの感度や加速度をチューニングするシステム環境設定パネルだ。

 

 

07eb650d6477ac0fcc492a2338778b45.jpg

ステアーマウス

【開発】プレンティコム・システムズ
【価格】1980円
【URL】http://plentycom.jp/index_j.html
【備考】試用期間30日間

 

 

  • 37a30c78c4edfabb19e26ad97f1408ac.jpg

マウス派のユーザには、同一メーカーから出ている「ステアーマウス」もおすすめ。多ボタンマウスのカスタマイズが細かくできる。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧