アラカルト Wakatsuki Works World

乃木坂46・若月佑美の「近未来の楽器で音楽制作」

文●若月佑美(乃木坂46)らいら写真●長屋和茂

乃木坂46・若月佑美のデザインラボ、その名も「Wakatsuki Works World」。

  • 92969d4ddb097be85e93a0b4d8fe7dc5.jpg

YUMI WAKATSUKI

1994年6月27日生まれ、静岡県出身。乃木坂46第1期生。特技は美術・デザインで、美術展覧会・二科展に5年連続入賞中。舞台経験が豊富で、その高い演技力には定評がある。ニックネームは「わかつき」「若様」。選抜メンバーにも選ばれた17thシングルが3月22日より発売!

 

 

アートの才能溢れる若月さんには、これまでイラストやデザインを中心にコラボをお願いしてきました。今回は趣向を変えて、歌手業にも役立ちそうな、近未来の音楽制作を体験してもらうことに。

趣旨説明が終わると開口一番、「音楽のセンスはゼロですけど大丈夫ですか? できたものを歌うことしかできないですよ!」と笑う若月さん。いえいえ大丈夫です。そんな人でも楽しく感覚的に音楽を制作できる「ROLI」の音楽ガジェットを用意しました。

まずはキーボード型コントローラ「シーボード・ライズ」から。ピアノとはまったく異なるシリコン製の柔らかい鍵盤と、本体に組み込まれた5つのセンサが、演奏者のタッチを細かく抽出し、従来のキーボードを超えた音の表現を作り出します。たとえば、押した鍵盤からどう指を離すかで、音の余韻にも変化が生まれます。「見た目はキーボードなのに、新しい楽器みたい!」と目を丸くする若月さん。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧