アラカルト NO.1の分析力

IT×SPORTS|データ戦を制するアナリストのチカラ

日本フェンシング躍進の原動力は試合に臨むための データ活用にあり

文●山田井ユウキ取材●柴谷晋

今のスポーツはデータ戦。勝利を手繰り寄せるためのスポーツアナリストのデータ分析とは?

スポーツアナリストの武器は、データと理論とデジタル映像。いわゆる左脳的分野だが、数字の羅列では効果はない、常にアナリスト独自の感性と熱意によって生み出されている。

 

 

  • 7f8a257908543366fe5c06a7226a3ebc.jpg

独立行政法人 日本スポーツ復興センター
ハイパフォーマンスサポート事業
パフォーマンス分析(フェンシング)

千葉洋平(ちば ようへい)

1982年生まれ。2009年より独立行政法人日本スポーツ振興センターにて、フェンシングを中心にスポーツアナリストとして活動。ロンドンオリンピックでは日本のメダル獲得に貢献、リオデジャネイロオリンピックを経て、現在では東京オリンピックへ向けてフェンシング男子フルーレナショナルチームをサポート。一般社団法人日本スポーツアナリスト協会理事としてスポーツアナリストやスポーツアナリティクスの普及啓蒙活動にも携わる。

 

 

世界レベルになると課題に対するデータの裏づけが重要

 

ここ10年ほどで一気に世界レベルに急上昇したのが日本のフェンシング。太田雄貴氏の活躍もあり、2012年ロンドン五輪では団体戦で銀メダルも獲得した。

どうして日本のフェンシングがここまで強くなったのか。理由の1つは海外から招聘した初の外国人プロコーチ、オレグ・マツェイチュク氏の存在。そしてもう1つが、スポーツ分析ソフト「スポーツコード」を用いた映像分析の技術である。

日本スポーツ振興センターでフェンシングのパフォーマンス分析を担当する千葉洋平氏は、日本選手の試合を映像で記録し、すべてのプレーにタグ付けをしてデータベース化している。映像を分析することで、対戦相手はもちろん、今まで気づかなかった自分自身のプレーのクセにも気づけるというわけだ。こうしたデータ活用の手法が、日本フェンシングの躍進に一役買っているのは言うまでもないだろう。データ分析が日本フェンシングにもたらした変革について、千葉氏に話を聞いた。

 

「優先権」の尊重がフェンシングの醍醐味

柴谷●千葉さんは日本スポーツアナリスト協会に所属するスポーツアナリストであり、日本スポーツ振興センターでフェンシングのパフォーマンス分析を行われていますよね。元フェンシング日本代表・太田雄貴氏も担当されていたと伺いました。まずはフェンシングという競技について教えていただきたいのですが。

千葉●わかりました。フェンシングはフランス発祥のスポーツで、主に3つの種目があります。「フルーレ」「エペ」「サーブル」です。

柴谷●それぞれ、どのように違うのですか。

千葉●その前に「優先権」という概念について説明します。ここがフェンシングというスポーツを理解するうえで一番大事ですので。フェンシングでは剣を持って向かい合い、先に腕を伸ばして剣先を相手に向けたほうに「優先権」が生まれます。この優先権を持っているほうが、剣で相手の体を突いたときにポイントとなります。一方、相手に剣を払われたり間合いをとって逃げ切られたりすると優先権は消滅し、逆に相手が優先権を得ることになります。

柴谷●攻撃を防御し、反撃、それをまた防御して反撃という技の応酬が見所なのですね。

千葉●はい、これが「フルーレ」です。「エペ」はもっとシンプルです。胴体だけが有効面のフルーレと違って、エペは全身が有効面です。優先権という考え方もなく、先に突いたほうがポイントとなります。両者が同時に突くと両方のポイントです。

柴谷●わかりやすいですね。攻撃と反撃の切り替わりがない分、スピード感のある試合が楽しめそうです。

千葉●最後に「サーブル」ですが、フルーレと同じく優先権のルールに基づいています。ただし、フルーレとエペが「突き」だけなのに対し、サーブルは「斬り(カット)」も認められています。突きと斬りの2つが繰り出されるので、動きがダイナミックな種目です。

柴谷●何ポイントを取れば勝利になるのですか?

千葉●予選ラウンドでは3分間の試合で5ポイント先取です。トーナメントでは3分×3ピリオドで、15ポイント先取での勝負になります。時間切れになったらポイントが多いほうの勝利ですね。

 

 

  • c13cca9a561b9b647c7737be9feb6688.jpg

フェンシングには「フルーレ」「エペ」「サーブル」の3種目がある。それぞれ許可されている攻撃方法や有効面、「優先権」の考え方などが異なっている。ルールを理解しておくと、試合観戦がもっと楽しくなる。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧