プロダクト&リリース iPhone/iPadアプリ

URLやアドレスからQRコードを簡単生成!

文●早川厚志

SNSなどで友だちとつながりたいとき、QRコードを保存しておくと便利です。そこで、このアプリを活用してみてはいかがでしょう?

イベントや旅先などで親しくなった人とFacebookなどのSNSでつながりたいとき、わざわざフルネームや漢字を聞いて入力し、検索して友だち申請ボタンを押す、といった流れが一般的です。でも、検索したときに同姓同名の人が並んでいると、どれが本人なのかがわかりづらいですよね。

QRコードリーダー

【開発】NAKAYUBI CORPORATION
【価格】無料
【カテゴリ】App Store>仕事効率化


この「QRコードリーダー」は、入力したURLやメールアドレス、テキストなどをQRコードに変換してくれるアプリです。たとえば、Facebookの自分のプロフィールページのURLを入力してQRコードを生成して「写真」アプリに保存しておけば、つながりたい相手に読み取ってもらうことですぐにつながれます。また、アプリ名どおり「QRコードリーダー」としての機能もあります(現在のiOSの「カメラ」には標準でQRコードリーダー機能が付いていて、カメラでかざすだけでQRコードを読み取れます)。