レクチャー 定番ソフト++

Macの「メッセージ」をもっと便利に使うワザ

文●村田有紀

Mac標準ソフトをもっと上手に使いこなすためのテクニック

iPhoneを経由してSMSをMacで送受信しよう

「メッセージ」は、テキストでチャットを行うためのソフトです。この「メッセージ」で利用できるチャットの種類は、大きく分けて2つ。1つは、インターネットを通じてメッセージをやりとりする「iMessage」。そしてもう1つが、携帯電話回線を使用するSMSです。

どちらも、テキストでメッセージをやりとりする点は同じですが、いくつか異なる点もあります。たとえば、MacやiOSデバイスなどApple製品の機能であるiMessageに対して、SMSはAndroidスマートフォンなどの利用者ともテキストチャットが可能になります。その一方で、インターネットを使用するiMessageは基本的に無料ですが、電話回線を使うSMSは、メッセージのやりとりに通信料がかかります。そのあたりを踏まえて、iMessageとSMSを使い分けるといいでしょう。

ここでは、iPhoneを経由してSMSをMacで利用するための設定を紹介します。操作の前に、MacとiPhoneが同一のApple IDでサインインしている状態であることを確認しておきましょう。

 

SMS/MMSの転送を許可する

  • d7491a99cf55b43ad955a2c1c285d7cb.jpg

(1)iPhoneの[設定]の[メッセージ]にある[SMS/MMS転送]で、転送先のデバイス(ここではMac)をオンにします。

 

電話番号の追加を許可する

  • 306e72e6c3357033f90a1e64e2ee10e2.jpg

(2)アラートが表示されたら「はい」をクリック。2ファクタ認証未設定のアカウントでは、確認コードが表示されることがあります。

 

SMSとiMessageの見分け方

  • 80f30081d92aa3b119e7bbb383409b0f.jpg

(3)宛先の名前の背景部分が、SMSでは緑色、iMessageでは青色になるので確認しましょう。また、メッセージ欄の表示でも見分けることができます。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧