アラカルト Macの知恵の実

充電のことを考えなくていい日はやってくる?

文●牧野武文

フリーライター・牧野武文氏が消費者目線でApple周りの事象を独自の視点で考察。

読者の中には、常にカバンにモバイルバッテリやACアダプタなどの充電キットを入れて持ち歩いている人もいるだろう。iPhoneでもMacでも、バッテリがなくなると生活に支障が出てしまうからだ。私たちはいつまで、充電のことを気にしながらデバイスを使わなければならないのだろうか。これが今回の疑問だ。

 

ワイヤレス充電器、使ってる?

皆さんはいまだにライトニングケーブルを使ってiPhoneを充電をしているだろうか。iPhoneは、8/8プラスからワイヤレス充電規格・Qi(チー)に対応している。Qiは「ワイヤレス」とはいっても、電磁誘導方式なので、基本的には充電パッドと密着させる必要がある。距離があっても充電ができる磁界共振方式もQi規格に採用されているものの、現在のところその距離は40ミリ程度。離れた場所にあるデバイスに充電するというよりも、ポイントがずれているときにも充電できるという補助的な役割にとどまっている。

実際に使うとわかることだが、ワイヤレス充電の充電スピードは決して速くない。また、ワイヤレス充電時にはバッテリが充電と放電を同時に行うため、ケーブル充電よりわずかながらバッテリの劣化が進んでしまうとも言われている。これを聞くと、「充電パッドの上に置くのもライトニングケーブルを挿すのも、手間はさほど変わらない」と、あまり興味が湧かない方もいるだろう。

 

置き場所が決まると人の習慣が変わる

しかし、スタンドタイプのワイヤレス充電器を買ってみたところ、iPhoneの使い方が変わることがわかった。人間は不思議なもので、充電台という「iPhoneの定位置」ができると、自然とそこに置くようになる。家の中で、「iPhoneをどこに置いたっけ?」と探すこともなくなったし、どこかに置きっ放しにしてバッテリがゼロ近くになっているということもなくなった。充電ケーブルはカバンに入れっぱなしでよくなったので、外出時に充電ケーブルを持つのを忘れるということもなくなった。充電スピードはゆっくりだが、家に帰ってくると充電台に置く習慣ができたので、速度も気にならない。「置く場所ができる」という単純なことで、人の習慣が変わり、充電周りの煩わしさが少なくなる。

また、モバイルバッテリの場合は、多くの人が容量の大きなものを買い求めると思うが、最近登場してきているACプラグ付きのモバイルバッテリも同様に人の習慣を変えてくれる。デバイス用のACアダプタを持ち歩かなくてよくなるのだ。モバイルバッテリをACコンセントに挿し、USB出力に充電ケーブルを挿すだけでいい。ACコンセントがない場合はモバイルバッテリとして使うことができる。

モバイルバッテリは、その日使ったら自宅で充電しておく、という使い方をしている人が多いと思うが、ACプラグ付きのモバイルバッテリはACコンセントに挿しておけば充電できる。つまり、カフェなどでAC電源として利用いると、そのまま充電も完了するということだ。これもカバンの中に入れっぱなしにしておくことができるので、持って出るのを忘れるということがなくなった。

特に出張の多い人は、持ち物の数を減らすことを考えるべきだ。充電ケーブルをホテルに忘れてしまうというのはよくあることだし、忘れないように気を使う心理的負担も減る。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧