アラカルト Macの知恵の実

iOSの純正アプリは低機能なのか?

文●牧野武文

フリーライター・牧野武文氏が消費者目線でApple周りの事象を独自の視点で考察。

iOSには「カレンダー」や「マップ」、「リマインダー」など、便利なアップル純正アプリが多数用意されている。しかし、意外にもこれを使わず、サードパーティ製のアプリを使う人が一定数いる。純正アプリはシンプルで使いやすい反面、機能的に不足しているからだろうか。これが今回の疑問だ。

 

純正アプリを使わない理由

iOSにプリインストールされている「カレンダー」「マップ」「リマインダー」などは、純正アプリや標準アプリと呼ばれている。便利で扱いやすいものばかりなのだが、これらではなく同ジャンルのサードパーティ製アプリを使っている人が結構いる。たとえば、「マップ」アプリよりも「グーグル・マップ(Google Maps)」を使っている人のほうが多いのではないかと思う。

その気持ちは理解できる。理由の1つは、純正アプリの多くがシンプルな作りで、機能的に不足しているように感じることだろう。もう1つは、サードパーティ製の高機能アプリを使うと、何だかiOSデバイスを「使いこなしている」気分になれることだ。この気分を否定するつもりはない。気持ちよくiOSデバイスを使って、仕事が捗り、プライベートが楽しくなるのであれば、それこそが最高のUX(ユーザ体験)であるからだ。

しかし、最近は純正アプリも進化してきており、もはや機能が低いとは言えなくなっている。さらに、iOS 12から登場した「ショートカット」アプリによって、複数の対応アプリを連係させて使えるようになった。サードパーティ製アプリを使っている人も、今一度純正アプリを見直してみてはいかがだろうか。

 

「カレンダー」に場所を登録すると…

近年の純正アプリの進化で、素晴らしいと思える機能を紹介しよう。「カレンダー」アプリでは、予定と一緒に「場所」を登録できる。場所を登録すると予定の詳細に地図が表示され、タップすると「マップ」アプリに移動。すぐに経路探索ができるようになる。

この場所の入力機能は以前からあったが、お世辞にも使いやすいものとは言えなかった。会社名や施設名での検索精度が悪く、結局は住所を入力しなければならない。それもビル名がついていたりすると、住所として認識してくれないこともあった。これが、今では多くの会社名、施設名を検索して入力できるようになった。連絡先データからも検索してくれるので、事前に登録しておけば個人宅でも候補に表示してくれる。

また、予定を入れるときに[移動時間]をオンにしておくと、自宅や職場から登録した場所までの移動時間を算出し、その時間を予定の前に自動挿入してくれる。予定が連続しているときは、先の場所から次の場所までの移動時間を挿入することもできる。

さらに素晴らしいのは、「カレンダー」アプリでのSiriからの提案だ。出発すべき時刻になると、Siriが「今出発すれば間に合います」というプッシュ通知を出してくれ、遅刻しそうになると「出席予定者にメッセージを送りますか?」と提案してくれる。さまざまな確認や動作の手間を省いてくれるのだ。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧