早分かり 相矢倉 定跡ガイド|将棋情報局

将棋情報局

24306_ext_06_0.jpg

購入形態

書籍
1,650円
在庫無し
数量:

カートに追加されました。カートを見る

在庫がないため購入することができません。
2021年9月18日(土)~2021年9月30日(木)のご注文は弊社棚卸業務のため配送が遅れます
講座 矢倉

早分かり 相矢倉 定跡ガイド

発売日:2013-12-26

販売元:マイナビ出版

判型:四六判

ページ数:256ページ

難易度:初級~中級

ISBN:978-4-8399-4931-0

★サイン本は完売しました

「矢倉は最も本格的な将棋で、私も多く指してきました」(まえがきより)
昔も今も矢倉は将棋の花形戦法。タイトル戦でも毎回のように指されています。
もちろん将棋ファンにとっても不動の人気を誇る戦法ですが、現在、プロの矢倉の定跡は多岐に及び、微妙な形の違いを理解するのは困難になっています。本書は、そんなニーズに力強く応える一冊。
定跡手順に明るく、定跡を分かりやすく伝えることにかけては将棋界随一の定跡伝道師・所司和晴七段が膨大な矢倉定跡を一冊の書籍に凝縮いたしました。
▲3七銀戦法、▲5八飛型、脇システム、森下システム。広範囲に及ぶ定跡のポイントを分かりやすく紹介しており、特に現代流行のテーマに関しては詳しく解説しています。

また、本書の特長は相矢倉の先手・後手のどちらにも肩入れすることなく、中立の立場で解説していること。この一冊で先手になっても後手になっても、自信を持って矢倉を指すことができます。さらに、図面はすべて形勢判断入りで、図面だけで理解ができるようになっています。

渡辺明二冠も自信を持って推薦する矢倉定跡書の決定版。
ぜひ本書を読んで、矢倉マスターを目指してください。

著者プロフィール

  • 所司和晴

    所司和晴(しょし・かずはる)
    昭和36年10月23日、東京都江東区の生まれ。
    53年11月、5級で(故)平野広吉七段門。55年初段、60年6月四段、62年五段、平成4年六段、17年七段。
    将棋の普及に人一倍熱心で、弟子に渡辺明二冠、松尾歩七段、宮田敦史六段、石田直裕四段、石井健太郎四段がいる。趣味は中国象棋。
    主な著書=「早分かり石田流定跡ガイド」、「早分かり中飛車定跡ガイド」、「新・東大将棋ブックス(全4巻)」、「仕掛け大全(全3巻)」、「将棋定跡最先端(全2巻)」、「東大将棋ブックス(全38巻)」、「横歩取りガイド」、「横歩取りガイドII」、「急戦!振り飛車破り(全5巻)」、「角換わりの基礎知識」、「ひねり飛車の基礎知識」(マイナビ)。「【決定版】駒落ち定跡」、「二枚落ち裏定跡」(日本将棋連盟)、「シャンチー(中国将棋)入門」(河出書房新社)。

新着商品!

商品一覧へ