将棋・終盤の教科書|将棋情報局

将棋情報局

25041_ext_06_0.jpg

購入形態

書籍
1,694円
在庫有り (残り16)
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
2021年9月18日(土)~2021年9月30日(木)のご注文は弊社棚卸業務のため配送が遅れます
講座 考え方

将棋・終盤の教科書

発売日:2014-05-23

販売元:マイナビ出版

判型:四六判

ページ数:224ページ

難易度:初級~中級

ISBN:978-4-8399-5191-7

★サイン本は完売しました

日本将棋連盟が初段までの道のりを強力にサポートする将棋の教科書シリーズ。これまで本シリーズでは1冊で一つの戦法を解説してきましたが、本書はトップ棋士深浦康市九段が終盤戦全般について解説したものです。

「終盤の大切さは勝っても負けてもよく分かる。読みの大切さ。手筋の知識力。勝利のために『終盤力』は欠かせない」と深浦九段は言っています。序、中盤では駒得や駒の効率アップが重要ですが、終盤で大切なのは寄せや詰みの力です。また、終盤での間違いはそのまま負けに直結してしまいます。
皆さんもせっかくのいい将棋を終盤の一手のミスで台無しにしてしまった経験があるのではないでしょうか?

本書はそのような間違いをしないように、深浦九段が勝つ考え方や手筋を丁寧に解説しています。寄せや詰みの基本形や、どんな戦法の終盤にも共通する考え方を紹介し、自然に急所に手が伸びるようになるはずです。

本書の内容をマスターして、確実な棋力向上と勝率アップを達成してください。

著者プロフィール

  • 深浦康市

    深浦 康市(ふかうら・こういち)
    1972年2月14日生、長崎県出身
    1984年 6級で故・花村元司九段門
    1988年 初段
    1991年10月1日 四段
    2008年9月26日 九段
    慎重で粘り強い棋風。デビュー当時から居飛車党の実力者として常に高い勝率を残し続けている。1996年、第37期王位戦でタイトル初挑戦。2007年、第48期王位戦で羽生善治三冠からタイトルを奪い、その後第50期まで3連覇を達成した。タイトル戦登場は8回。棋戦優勝は8回。将棋大賞は新人賞、敢闘賞、名局賞など多数。
    著書に「プロへの道」「最新の振り飛車対策」(日本将棋連盟)、「最前線物語」「最前線物語2」(浅川書房)などがある。

新着商品!

商品一覧へ