将棋情報局

 試し読み
9784839975593.jpg

購入形態

書籍(特典付き)
1,694円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
講座 三間飛車

1手ずつ解説する三間飛車【棋譜データ付き】

発売日:2021-04-16

販売元:マイナビ出版

判型:四六判

ページ数:224ページ

難易度:初級~中級

ISBN:978-4-8399-7559-3

振り飛車の基本が詰まった戦術書。さばいて勝つコツ、教えます!

★サイン本の受付は終了しました

本書は「1手ずつ解説する○○」シリーズの第3弾です。三間飛車で勝つために必要な知識を、西川和宏六段が丁寧に教えてくれます。

従来の定跡書は1で何手も指し手が進むことがありました。有段者の方なら普通に読み進めていけるのでしょうが、「解説手順を頭の中で並べるのが大変」という級位者の方もいます。そこで、本シリーズでは1に進む手数を4手以内にして、1手ずつ、じっくり解説していくことにしました。

本書のテーマは、「さばいて勝つ」ことを理想とする三間飛車です。メインとなるのは第1章の「角道を止める三間飛車」で、対急戦と対持久戦に分けて詳しく解説しています。解説するのは手順だけではなく、「仕掛けられた筋に飛車を持ってくるのが振り飛車の基本」、「美濃囲いの端歩は基本的には受ける」、「振り飛車は相手の力を利用してさばく」、「▲5五歩が筋中の筋」など、考え方が随所に散りばめられているのも特徴です。

そして第2章では、角道を止めない「升田式石田流」を取り上げました。こちらはとてもスリリングな戦いになるので、基本を押さえたあとに試していただきたいと思います。

ぜひ本書を読んで、さばいて勝つ振り飛車の楽しさを味わってください。

将棋情報局、またはマイナビBOOKSにて、本書の書籍版または電子版をご購入いただくと、発売日以降マイページから「解説手順の棋譜データ」がダウンロードできるようになります。

棋譜データは.kifファイルを読み込める将棋ソフト(激指シリーズなど)で閲覧できます。
お持ちでない方は、各種フリーソフトでも閲覧できますので、お持ちのパソコンのOSに合ったソフトをダウンロードください。

棋譜データの詳しい使い方はこちらをご確認ください。

※特典の棋譜データダウンロードには会員登録(無料)が必要です。ご購入時に必ず会員登録をお願いいたします。

目次

1手ずつ解説する三間飛車 目次

第1章 角道を止める先手三間飛車

 第1節 対急戦編

 居玉急戦への対応
 飛車をさばかせない▲6八銀
 馬を作る△6七角成には
 居玉から△6五歩急戦のまとめ
 居飛車、駒組みを優先
 7筋の攻めには▲6七銀で対応
 6筋からの仕掛け
 露骨な△7七角
 上部を厚くする△4二金上
 もう一つの攻め筋△8七歩
 △5四歩を突かない指し方
 力をためる△7四歩
 好所に利く△4四角
 弱点の桂頭を狙う積極策
 一度引いてから角交換へ

 第2節 対持久戦編

 ▲7五歩が石田流への第一歩
 バランス重視の▲7八金型
 玉の堅さを重視した▲5八金左

第2章 升田式石田流

 激しくなりやすい△8四歩
 居玉は避ける
 手ごわい△6九角
 最も多い△4二玉
 じっくり駒組みする▲6六歩
 圧力をかける△8四金

コラム 棋士の1週間と勉強法

著者プロフィール

  • 西川和宏(著者)

    1986年4月2日生まれ。兵庫県神戸市出身。
    2001年9月、6級で奨励会入会。西川慶二八段門下。
    2008年10月、四段。
    2014年8月、五段。
    2016年11月、六段。
    三間飛車を中心に、角交換振り飛車や角頭歩戦法など、幅広く指しこなす振り飛車党。序盤研究に余念がなく、中盤の力比べでも腕力を発揮する。
    2013年度、第63回NHK杯戦でベスト4進出。
    2018年度、第31期竜王戦ランキング戦で2組へ昇級。
    2015年4月から関西奨励会幹事を務める。
    主な著書は「これからの相振り飛車」、「西川流振り飛車 居飛車穴熊破り」(マイナビ出版)など。

オススメの記事

記事一覧へ

新着商品!

商品一覧へ