夢のあと 山田修司詰将棋作品集 プレミアムブックス版【棋譜データ付き】|将棋情報局

将棋情報局

9784839975470.jpg

購入形態

書籍(受注生産)
5,500円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
2022年9月22日~2022年10月2日のご注文は、弊社棚卸期間中のため配送が遅れます。
詰将棋 書籍 詰将棋

夢のあと 山田修司詰将棋作品集 プレミアムブックス版【棋譜データ付き】

発売日:2021-05-31

販売元:マイナビ出版

判型:A5

ページ数:320ページ

難易度:中級~有段

ISBN:978-4-8399-7547-0

盤上に追い求めた夢とロマン 「夢の華」に続く山田修司の第二作品集

近代詰将棋を作り上げた巨匠、山田修司。
1998年に著された作品集「夢の華」は将棋ペンクラブ大賞を受賞するなど
詰将棋界に留まらないインパクトを与えました。

書名の「夢の華」は同書第100番につけられたタイトルですが、そこにあったのは白紙の図面。
未完の夢を追い続ける著者の姿勢を強く印象づけるものでした。
まだ見ぬ夢の華を追い求めて、出版後も精力的に創作を続けた著者は、
看寿賞、塚田賞、半期賞、打歩詰大賞などの受賞をさらに加え、
平成、令和においても最先端の作家であり続けました。

そしてついにまとめられたのが本書、「夢のあと」。
前作品集以降の発表作81作を中心に、著者の足跡をたどることのできるドキュメントを集めた一冊となっています。
少しもの寂しさも感じさせる書名とはうらはらに、収められている作品はなお盤上に新しい構想を描こうとする情熱と、駒で楽しむ遊び心に満ちています。
大作家の夢の続きを、ぜひ盤に並べてご鑑賞ください。

※『夢の華 山田修司詰将棋作品集 プレミアムブックス版』はこちら

将棋情報局、またはマイナビBOOKSにて、本書の書籍版または電子版をご購入いただくと、マイページから「解説手順の棋譜データ」がダウンロードできるようになります。

ファイルは.kifファイルを読み込める将棋ソフト(激指シリーズなど)で閲覧できます。
お持ちでない方は、各種フリーソフトでも閲覧できますので、お持ちのパソコンのOSに合ったソフトをダウンロードください。

棋譜データの詳しい使い方はこちらをご確認ください。

※特典の棋譜ファイルダウンロードには会員登録(無料)が必要です。ご購入時に必ず会員登録をお願いいたします。


電子版発行にあたり

電子図書の特性や利点をできるだけ生かしたいと思いやってきた本書は、読みやすく拡大するのはもちろん、詰将棋の大好きな読者が、その都度やっていた作品鑑賞のための棋譜作り、解説文中に出てくる参考作品の調査や確認などの面倒な作業が不要になり、殆どワンタッチで、見たり調べたりすることができるようになりました。

 例えば解説文中のミクロコスモスって、どんな作品だったっけ?と、思ったらそこをクリックすれば、パッとその作品が現れ1500手を超える手順がカタカタ動き出すといった感じです。これこそ原田康子さんの名言「将棋図巧を解くことはできないが、うっとり眺めることは出来る」の境地で、詰将棋の一つのロマンでもあります。

 作品内容はともかく、私が永年詰棋書を読むたびに欲しいと思っていた機能やメカニズムを殆ど盛り込むことができた本書は、その面ではほぼ私の理想に近いものとなりましました。

 またこういったことが、今後の電子詰棋書の一つのモデルにでもなれば幸いと思っています。

山田修司

著者プロフィール

  • 山田修司(著者)

    昭和7年1月11日生まれ。昭和を代表する詰将棋作家。
    数々の新機軸の構想作を発表し「昭和の看寿」と称される。
    5期連続塚田賞、6期連続打歩詰大賞をはじめ、看寿賞、塚田賞など多数受賞。

新着商品!

商品一覧へ