将棋情報局

9784839973643.jpg

購入形態

書籍(特典付き)
3,300円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
書籍 実戦集

[予約] 村山聖全局集 下【上下巻予約で直筆原稿のPDFデータ付き&棋譜データ付き】

発売日:2020-08-28

販売元:マイナビ出版

判型:A5

ページ数:408ページ

難易度:中級~有段

ISBN:978-4-8399-7364-3

村山聖の魂がいま、よみがえる!

将棋情報局、またはマイナビBOOKSにて、「村山聖全局集 上」「村山聖全局集 下」両方の書籍版または電子版をご購入いただくと、発売日以降マイページから、「村山聖九段の貴重な直筆原稿のPDFデータ」がダウンロードできるようになります。また本書ご購入で「棋譜データ」がダウンロードできるようになります(こちらは下巻のみでも対象です)。

〇村山聖九段の貴重な直筆原稿のPDFデータ<予約限定特典>※2020年8月28日までにご決済のお客様が対象です
原稿は大山康晴十五世名人との初対局にして唯一の対局となった、平成3年11月2日の天王戦の自戦記です。読み筋の解説だけでなく、当時の心境なども若者らしい筆致で赤裸々に綴られています。

〇棋譜データ
ファイルは.kifファイルを読み込める将棋ソフト(激指シリーズなど)で閲覧できます。
お持ちでない方は、各種フリーソフトでも閲覧できますので、お持ちのパソコンのOSに合ったソフトをダウンロードください。
棋譜データの詳しい使い方はこちらをご確認ください。

※両特典ダウンロードには会員登録(無料)が必要です。ご購入時に必ず会員登録をお願いいたします。


本書はA級在位のまま29歳の若さで夭逝した村山聖九段の全対局を2巻に分けて収録する『村山聖全局集』の下巻です。
下巻に収録したのは1992年度から1998年度の対局で、タイトル挑戦、A級昇級、そして伝説の死闘が掲載されています。

まえがきは村山九段を支え続けた、師匠の森信雄八段。
「第1部 村山聖の声」には、遺されている自戦記やインタビュー、講座やエッセイなどを掲載。「怪童丸」とも呼ばれた村山聖九段の肉声が現代によみがえります。
「第2部 村山聖の戦い」は村山将棋の解説です。村山九段は順位戦でA級に昇り、王将戦ではタイトル挑戦を決めました。丸山忠久との深夜まで戦った伝説の順位戦、強敵を相手に勝ち抜いた王将リーグ、そして絶局となった木村一基戦など28局を収録。病を抱えながらも決して諦めることのなかった村山将棋の魅力に迫ります。
「第3部 村山聖の棋譜」は第1部と第2部で取り上げなかった将棋を、千日手や持将棋局、非公式戦も含めて1局1ページで全局掲載しました。「棋士の魂は棋譜に宿る」とも言います。村山聖が遺した魂の棋譜をご覧になっていただきたいと思います。

目次

まえがき 森信雄八段
第1部 村山聖の声 (自戦記やインタビュー、エッセイなど)
第2部 村山聖の戦い 28局
第3部 村山聖の棋譜 280局(千日手局や持将棋局、非公式戦も含む)

著者プロフィール

  • 村山聖(著者)

    1969年6月15日、広島県安芸郡の生まれ。
    1983年、森信雄八段門下、5級で奨励会入会。
    1986年11月、四段。
    1995年4月、八段。
    1998年8月8日、死去。翌日、追贈九段。

    幼いころに腎臓の難病であるネフローゼを患う。病床で覚えた将棋にのめり込み、奨励会に入会。病気による例会欠席などもある中、2年11カ月という超ハイスピードでプロ入りを果たす。
    居飛車がメインで振り飛車も指しこなすオールラウンダー。奨励会時代から終盤力には定評があり、「終盤は村山に聞け」という言葉も生まれた。
    第13回若獅子戦(1990年度)で棋戦初優勝。
    第42期王将戦(1992年度)でタイトル初挑戦。
    第53期順位戦(1994年度)でA級昇級。
    第30回早指し選手権戦(1996年度)で優勝。
    第56期順位戦(1997年度)でA級復帰。
    1997年、膀胱癌が見つかり、大手術を行う。
    1998年、癌が再発し、1年間休場して治療に専念する旨を発表。3月には残る対局を5連勝して休場に入る。
    1998年8月8日、進行性膀胱癌によって現役のまま死去。享年29歳。
    タイトル挑戦は1回。棋戦優勝は2回。将棋大賞は第20回(1992年度)敢闘賞と第26回(1998年度)特別賞。
    その人生を描いた『聖の青春』(著:大崎善生、講談社)はベストセラーになり、ドラマや舞台、映画化もされている。

新着商品!

商品一覧へ