将棋情報局

 試し読み

購入形態

書籍(特典付き)
1,694円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
書籍 講座

英春流 かまいたち&カメレオン戦法【棋譜データ付き】

発売日:2019-11-21

販売元:マイナビ出版

判型:四六判

ページ数:224ページ

難易度:初級~中級

ISBN:978-4-8399-7121-2

必殺の19手定跡! 英春流の全貌がここに

アマ将棋界のレジェンド、鈴木英春氏が開発した2つの“総合戦法”「かまいたち」&「カメレオン」。

かまいたちは「必殺の19手定跡」が象徴するように、駒がぶつかる前に敵を斬ってしまおうという優れもの。英春氏はこれを用いてアマ王将2連覇、グランドチャンピオン戦優勝など、実績を挙げています。
飛車先の歩交換を急がない、防がないという指し方は今でこそメジャーになりましたが、当時としては異端そのもの。30年以上、時代を先取っていたといえるでしょう。

カメレオンは英春氏がプロを倒すことを目標に、新しく開発した戦法です。初手は先手なら▲9六歩、後手なら△6二銀。一見、奇異な立ち上がりですが、相手の様子を見ながら自由自在に戦います。

英春流は総合戦法なので、対居飛車も振り飛車もOK。これをマスターすれば他の定跡を覚える必要はありません。定跡が教える観念の逆を衝き、敵の思惑の裏をかく――。英春流の極意に触れて、定跡党のライバルに一泡吹かせてください。

動画『英春流 かまいたち&カメレオン戦法』実戦編について

ガチンコ勝負!!
“英春流”の直弟子・野原未蘭さんvs編集部員

「英春流」は総合戦法なので、相手の出方によっていろいろな形になります。どんな戦法か細かく説明するよりも、まずはご覧になっていただきましょうというこの企画。鈴木英春氏の直弟子・野原未欄さんと腕自慢の編集部員が対決し、その将棋を鈴木英春氏に解説してもらうことで、英春流を知ってもらいたいと思います。

PART1 野原未蘭さんvs振り飛車
PART2 野原未蘭さんvs居飛車

動画の長さ:52分18秒

《将棋情報局の有料動画について》
将棋情報局内で閲覧できる動画の観賞権の販売です。動画そのものはダウンロードできません。
ご購入後、マイページにアクセスし「ダウンロード」ボタンをクリックすると、動画ページのURLとパスワード情報をダウンロードできます。
URLに遷移後、パスワードを入力すると動画をお楽しみいただけます。
※動画の購入には会員登録(無料)が必要です。ご購入時に必ず会員登録をお願いいたします。

《注意事項》
動画ページのURLとパスワードは本動画をご購入された方のみの権利となります。
動画のダウンロード、URLやパスワードの第三者への開示、動画をYouTube等にアップロードするなどの行為は禁止しております。

将棋情報局、またはマイナビBOOKSにて、本書の書籍版または電子版をご購入いただくと、マイページから「解説手順の棋譜データ」がダウンロードできるようになります。

データは.kifファイルを読み込める将棋ソフト(激指シリーズなど)で閲覧できます。
お持ちでない方は、各種フリーソフトでも閲覧できますので、お持ちのパソコンのOSに合ったソフトをダウンロードください。

棋譜データの詳しい使い方はこちらをご確認ください。

※特典の棋譜データダウンロードには会員登録(無料)が必要です。ご購入時に必ず会員登録をお願いいたします。

目次

英春流 かまいたち&カメレオン戦法 目次

はじめに
序 章 英春流の発想

第1章 かまいたちVS振り飛車
 第1節 四間飛車穴熊
 第2節 美濃囲い(先手番)
 第3節 美濃囲い(後手番)
 第4節 かまいたち阻止型
 第5節 三間飛車VSかまいたちパート2
 第5節その2 3一銀据え置き角交換型
 第6節 中飛車VSかまいたちパート2
 第6節その2 磁石飛車

第2章 かまいたちVS居飛車
 第1節 英春流の世界
 第2節 一直線型
 第3節 左右分断型
 第4節 横歩取らせ型
 第5節 居飛車・かまいたちの陣
 第6節 △6二銀の発見

第3章 かまいたちVS居飛車 実戦編

第4章 進化する英春流の世界
 かまいたちからカメレオンへ
 カメレオン、棒玉1号局
 カメレオン、ダブル銀
 カメレオン、穴熊への変身
 カメレオン、袖飛車・居玉1号局
 カメレオン袖飛車VS△7四銀
 後手番・カメレオンVS▲3六銀型
 コンピュータとの公開対局
 第32回北國王将杯、王将戦決勝
 第20回記念 升田幸三杯大会
 気になった一局

第5章 2人の後継者
 第5回女子アマ王位戦中部大会 決勝
 第20回北陸ジュニア棋王戦 小学生の部決勝

 コラム1
 コラム2
 あとがき

著者プロフィール

  • 鈴木英春(著者)

    1950年4月11日生まれ、神奈川県横浜市出身。
    中学卒業後、坂口允彦九段に入門し、以後16年間(15歳~ 31歳)を日本将棋連盟奨励会で過ごすが、棋士の資格である四段を目前に、1981年、年齢制限により退会。この間の経緯が、当時「名人への遠い道」(NHK)というタイトルで放映されて、大きな話題を呼んだ。
    退会後3年を経て、将棋の世界に復帰。全く独自の新戦法「かまいたち」を引っさげ、1987年、1988年アマチュア王将戦連覇、1989年グランドチャンピオン戦優勝などの栄冠を手にする。
    著書は『将棋泣き笑い』(時の経済社)、『必殺!かまいたち戦法』、『必殺! 19手定跡』、『必殺!右四間』、『必殺!陽動振飛車』(三一書房)など。

新着商品!

商品一覧へ