将棋情報局

第11期 >> 五番勝負第2局

西山挑戦者が驚きの順

2018.04.25

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018-04-25e3.png
2018-04-25d.png

本局は西山挑戦者が驚きの順を見せました。第1図から△4五同桂としたのです。以下▲2二角成と飛車を取らせて、△3七桂成▲2六飛△4七成桂▲同金△7六銀。飛車を見捨てて先手玉に襲いかかります。
後手の駒損が大きいと見られていましたが、第2図まで進んでみると先手が受けきるのは容易ではないようです。Twitter解説の井出隼平四段は「かなり後手が勝ちやすそうです」と形勢判断を後手優勢としています。
(琵琶)