将棋情報局

第10期 >> 挑戦者決定戦

終局直後

2017.02.28

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

201702281725_1-400x0.jpg
201702281725_2-400x0.jpg
 

201702281725_3-400x0.jpg
―― 序盤から積極的に角をぶつけていかれましたね。

上田 難しいと思っていました。角をぶつけて仕掛けがなければ、よくなりそうなのですが、動いてこられて。歩を垂らされたあたりは分からなかったです。ちょっと間違えてしまい、かなり苦しいかなと。

―― 終盤は控室でも2転3転したのではないかと、いわれていましたが。よくなったと感じた局面は。

上田 玉が薄いので怖かったのですが、金を取った手(△6五馬)が詰めろなので、正確に指せれば勝ちだと思いました。ただ時間がなかったので。

―― 加藤女王の印象と五番勝負の抱負をお願いします。

上田 いつも明るく朗らかなかたで、将棋はキビキビしています。負けないような元気な将棋を指せればいいなと思います。
201702281725_4-400x0.jpg
―― 仕掛けのあたりはどのような印象でしたか。

里見 難しいなと思っていました。

―― 控室では▲6五金に△7九飛成で、何か誤算があったのでは、といわれていましたが。

里見 そうですね。勘違いして、しっかり読めていないところがありました。あのあたりは自信がなかったですね。▲6五金がおかしかったと思います。

―― 女流六冠を期待するファンも多かったと思うのですが。

里見 勝ち切る力が劣っていると思うので、その部分を強化して頑張りたいと思います。

(吟)