将棋情報局

第9期 >> 五番勝負第4局

戦型は後手4→3戦法に

2016.05.18

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


室谷女流二段が飛車を4筋から3筋に振り直し、戦型は後手4→3戦法となりました。図は開始30分頃の局面。早速駒がぶつかっています。
図の局面の前例は、データベース上に5局。次の一手の内訳は、▲5八銀が3局、▲5六角と▲7五歩が1局ずつです。▲5八銀は、第73期A級順位戦9回戦の▲渡辺明棋王・王将-△久保利明九段戦(肩書は対局当時)で渡辺明棋王・王将が初めて指した手で、陣形を低くしたまま金銀を連結させ、飛車交換に備える意味。以下は△2五歩▲同飛△2四飛▲同飛△同銀▲1四歩△同歩▲4一飛から先手が快勝し、話題になりました。

(睡蓮)