将棋情報局

第14期 >> 五番勝負第2局

終局直後

2021.04.21

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

終局直後にインタビューが行われました。


(インタビューに答える西山女王)
――一局を振り返っていかがでしたか。
西山「見えないところから仕掛けられて、欲張った作戦をとがめられた。接戦かと思っていて、難しかったと思います」

――△4五桂と跳ねたところはいかがでしたか。
西山「ギリギリのところを踏み込みましたが、見えていない受けがあれば、攻めが切れてしまうところでした。また、候補手も多くて難しいところでした」

――手応えを感じたのはどのあたりでしょうか。
西山「懐の深い囲いなので、最後まで分かりませんでした。△5七香成が詰めろなので、こちらの攻めが1手速いと思いました」

――第3局の抱負をお願いします。
西山「タイに戻せてホッとしています。次まで期間が空くので、万全の状態で臨みたいと思います」


(敗れた伊藤女流三段)

――序中盤はいかがでしたか。
伊藤「仕掛けていって、香交換になって後手玉が薄いので互角かそれ以上と思っていたのですが、香を取ったあとの指し手がわからなくて、そのあたりに問題があったと思います」

――苦しくしたのはどのあたりでしょうか。
伊藤「△6八角で受けが難しくて、相手玉も詰めろがかからないので、そのあたりは負けになっていると思います」

――第3局の抱負をお願いいたします。
伊藤「あらためて三番勝負ということで、気持ちを切り替えて臨みたいと思います」


(終局直後の様子)

(銀杏)