将棋情報局

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

対局再開後すぐ、控室には斎田晴子女流五段と塚田恵梨花女流2級が訪れ、モニターで現在の局面を確認していました。

(斎田女流五段=右と塚田女流2級)

(文)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・将棋会館の隣には鳩森八幡神社があり、新年を迎えると境内の将棋堂で祈願祭が行われます。早咲きの河津桜や梅が咲き、春らしい景色が広がっていました。






(文)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・将棋会館1階の販売コーナーでは、さまざまな女流棋士グッズが置かれています。加藤女王も写っている女流棋士会カレンダーは、購入特典で女流棋士の写真付き。室谷女流二段のグッズは、フォトアルバム、扇子、扇子入れ、図書カード、マフラータオルというラインナップでした。





(文)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

対局再開から、早いペースで進んでいます。1筋を詰めて西山奨励会三段がポイントをあげたといわれていましたが、室谷女流二段が反撃してペースをつかみました。



大さばきを経て横からの攻め合いになっていますが、こうなると囲いの差が大きく、先手優勢になりました。

(控室には加藤女王が訪れている)

(文)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

14時過ぎ、控室には黒沢怜生四段、谷川治恵女流五段、中村真梨花女流三段、飯野愛女流1級も訪れて、にぎやかに検討がされています。

(黒沢四段=奥はモニターを見て進行を追っている)

(継ぎ盤で意見を交わす谷川女流五段=左と斎田女流五段)

(左から塚田女流2級、飯野女流1級、中村真女流三段)

(文)