将棋情報局

【銀】を使って「詰み」にする

銀を使って「詰み」にする。

図1は持駒に銀があります。

【図1】

「詰み」になっているケース、「詰み」になっていないケースで金と銀を例に挙げました。

金が「詰み」に役に立つと書きましたが、それでは銀はまるで役に立たないかというと、そうではありません。

図2のように銀を打って王手を掛けると、相手の玉は味方の駒がまわりにたくさんあり、動かすとすれば打たれた銀を取るしかありませんが、そのマスには角が動けます。相手は玉を取られる手を防げないので、図2は「詰み」となります。

【図2】

仮に図1で持駒が金だったとして、銀を打った場所と同じように打ったとしましょう(図3)。

【図3】

金が動ける赤い◎のついているマスに相手の玉が入っていませんので、これは「詰み」どころか「王手」にもなっていません。

この例のように、金よりも銀を持っていたほうが「詰み」にするときに有利な場合もあります。


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者