将棋情報局

【玉】【金】の動き方

【玉】の動き方

玉と王はまったく同じ駒なのでこれからは「玉」で解説します。

玉は図の中央のように、まわりに自分の駒がいなければ◎のとおりすべての方向に1つずつ、合計8つのマスのどこかに動くことができます。

次に図の右端の一番下に玉がいます。右や下には動けるマスがないので3つのマスのどこかに動くことができます。

左側の玉は右に自分の金がいるので、ここには動くことができません。そのほかの7つのマスのどこかに動くことができます。

【玉の動き方の図】

【金】の動き方

金は図の中央のように、まわりに自分の駒がいなければ◎のとおり前に3つ、横に2つ、真っすぐ下に1つ、合計6つのマスのどこかに動くことができます。ななめ下には動くことができません。

次に図の右端の一番下に金がいます。右や下には動けるマスがないので3つのマスのどこかに動くことができます。

左側の金は左に自分の玉がいるので、ここには動くことができません。そのほかの5つのマスのどこかに動くことができます。

※グレーのマスには動けません。

【金の動き方の図】

将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者