将棋情報局

【将棋入門 駒得を目指そう】駒得するには 2

駒の並べ方や動かし方など将棋の基本的なルールを学び、玉1枚の「裸玉」を相手に実際に将棋を一局指してみました。ここからは少しレベルを上げて、実際の対局を有利に進めるためにはどうすれば良いかを考えてみましょう。

「駒得」の例をもう少し見ていきましょう。

第1図。先手は金と銀を持っていますが、駒得をするにはどちらを使えば良いでしょうか。

【第1図】

正解は、▲5二銀です。

【▲5二銀まで】

後手は同時に逃げることができませんから、飛を逃げれば金を、金を逃げれば飛をただでいただくことができます。ナナメ後ろに利く銀の特性を活かした良い手でした。

【▲6三銀成まで】
【▲4三銀成まで】

第2図も2枚の持ち駒を持っています。

【第2図】

正解は▲6四角。

【▲6四角まで】

これは「王手飛車取り」といって、将棋で最もきびしい攻めのひとつです。相手は玉を逃げるよりありませんが、▲5五角と飛をただで取ることができました。

【▲5五角まで】

第2図に戻り、▲5二飛も玉と飛の両方に取りを掛けた手ですが、この場合は逆に△同飛と取られてしまいます。

【▲5二飛まで】
【△5二同飛まで】

最後の第3図は、やや難問です。

【第3図】

正解は▲2二桂成です。

【▲2二桂成まで】

先に駒を捨てて損のようですが、相手が飛で取り返せば▲1三香成と角を取れますし、角で取り返せば▲1二香成と飛を取ることができますので、先に桂を捨てた代償は十分すぎるほど取り返せた格好となります。

【▲1三香成まで】
【▲1二香成まで】

将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。