将棋情報局

【将棋入門 王手と詰みを身につける4】飛角香の王手を受ける

飛角香は、玉と離れた場所から王手を掛けることができます。
飛角香で王手を掛けられたときには、取る、逃げる以外にも受け方があります。ここでは王手の受け方の3番め、「利きを遮る」受け方を覚えましょう。

飛角香の王手

飛角香は、玉と離れた場所から王手を掛けることができます。
【第1図は△1四香まで】
第1図は1七の玉に対して△1四香と王手を掛けられた局面。
1四の香を取ることはできません。また玉を逃げることもできないことを確認してください。取ることも逃げることもできず、第1図で詰んでいるようですが、第三の受け方である「利きを遮る」受け方を使うことで詰みを逃れることができます。
 
【第2図は▲1六歩まで】
▲1六歩(第2図)と持ち駒の歩を打つ手が正解。これで香の利きを遮って王手を回避することができました。なお、このように相手の駒の利きを遮る受け方のことを「合駒(あいごま)」といいます。

練習問題

【第3図は△1四香まで】
第3図は、第1図の応用問題。やはり△1四香と香で王手を掛けられた形ですが、今度は持ち駒がありません。
 
【第4図は▲1五桂まで】
今度は▲1五桂(第4図)と移動して王手を防ぐことができます。この桂は△1五同香(第5図)とタダで取られてしまいますが、桂を捨てたことで2七に玉の逃げ道ができました。
【第5図は△1五同香まで】
▲2七玉(第6図)と逃げて脱出成功です。駒を捨てて玉の逃げ道を確保する高級な手筋の例でした。
【第6図は▲2七玉まで】

将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者