将棋情報局

【将棋入門 王手と詰みを身につける2】いろいろな詰みの形

頭金以外にも、詰みの形はたくさんあります。ここではいくつかの詰みの形を紹介します。詰みの形に慣れてください。

香を使った詰み

【第1図は問題図】
第1図は、香を使って詰まします。
【第2図は▲1五香まで】
▲1五香(第2図)が正解。玉が後ろに逃げても、香はまっすぐどこまでも進めるので取られてしまいます。

桂を使った詰み

【第3図は問題図】
第3図は桂を使って詰まします。
 
【第4図は▲2三桂まで】
▲2三桂(第4図)が正解。後手の玉は自分の駒に囲まれて身動きが取れず、これで詰んでいます。他の駒を飛び越えることができる桂の特徴を活かした詰みの形です。

角を使った詰み

【第5図は問題図】
第5図は角を使った詰みの例。
【第6図は▲4四角まで】
▲4四角(第6図)が正解です。△2二玉と逃げても角で捕まえることができるので、これで詰んでいます。

金を使った詰み

【第7図は問題図】
第7図は金を使った詰みの例。
 
【第8図は▲2二金まで】
▲2二金(第8図)と打てば後手玉は逃げる場所がありません。この形を「腹金」といいます。頭金に次いでよく出てくる詰みの形です。

将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者