将棋情報局

【将棋入門 基本ルール編2】駒の動きを覚えよう2 飛、角、桂、香の動き

初心者・入門者向けに将棋の基本的なルールを説明する本連載。ここでは駒の動かし方のうち、飛・角・桂・香の4枚の駒の動かし方を説明します。

飛の動き

飛は縦横にどこまでも動けます(第1図)。ただし他の駒を飛び越えることはできません
【第1図】
hi.png

角の動き

角は斜め四方のすべての場所に動けます(第2図)。ただし駒を飛び越えることはできません
【第2図】
kaku.png

香の動き

香は前方にだけ何マスでも動けます(第3図)。これも駒を飛び越えることはできません。またバックはできないのが欠点です。「香は下段に打て」と言われており、香は下段にいる方が動ける場所も多く、駒の効率が良くなります。
【第3図】
kyou.png

桂の動き

桂は特殊な動きをします。2マス上の左右に動けるのですが、周囲を駒に囲まれていても関係なく、飛び越して動くことができるのです(第4図)。自分の駒でも相手の駒でもかまわずに飛び越すことができます。
【第4図】
kei.png

まとめ

以上で駒の動きを終えます。8種類の駒の特性の違いをしっかりと把握して使いこなすことが、将棋上達の大きなポイントになります。なお動きの大きい飛と角を大駒、玉を除くその他の駒を小駒と言います。


将棋情報局では、お得なキャンペーンや新着コンテンツの情報をお届けしています。

著者