マナティ

2950037711000000000L.jpg

購入形態

PDF
6,050円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

インプレス標準教科書シリーズ 5G教科書 ― LTE/ IoTから5Gまで ―

インプレス

低遅延/超高速/大量接続を実現する5Gの全貌を解説!

2018年6月に仕様が確定した5Gの最新技術(5Gフェーズ1)と標準動向についてまとめた解説書です。5Gは、人間が利用するモバイル・ブロードバンドに加えて、センサーなどの大量のIoTや機械の遠隔制御などの基幹業務用IoTもターゲットにしている点で、大きく注目されています。今後、5Gが搭載された端末や関連機器やサービスは、世界から提供されることになり、日本でも2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックにおいても、5Gによる商用サービスが実施される予定です。本書は、4G技術のコアの部分から5Gの新しい標準、技術を解説し、LTE/ IoTから5Gまでの全貌が見える一冊です。

発売日:2018-09-21

ページ数:436ページ

目次

表紙
商標について
まえがき
執筆者一覧
目次
第1章
第2章
第3章
第4章
コラム①
第5章
第6章
第7章
第8章
第9章
第10章
第11章
参考文献
あとがき
索引
編著者略歴
奥付

著者プロフィール

  • 服部 武,藤岡 雅宣(著者)

    ・服部 武(Takeshi HATTORI)
    上智大学理工学部情報理工学科 客員教授 工学博士
    1974年、日本電信電話公社横須賀電気通信研究所入所、自動車・携帯電話、新コードレス電話方式、パーソナル通信方式、PHSの研究開発推進に従事。
    1996年、通信網総合研究所ネットワーク企画推進室 主席研究員。
    1998年、上智大学理工学部 教授に就任。
    2012年、上智大学 客員教授、法務省知財高裁・地裁専門委員。
    2017年、スマートIoT推進フォーラム人材育成分科会会長、情報通信機構国際交流プログラム主査等。

    ・藤岡 雅宣(Masanobu FUJIOKA)
    エリクソン・ジャパン株式会社 チーフ・テクノロジー・オフィサー 工学博士
    1978年、国際電信電話株式会社に入社後、研究所で信号方式、ISDN、インテリジェント・ネットワーク、広帯域ISDN等の研究開発に従事。
    1989年~1996年 CCITT SG11(現ITU-T)のNo.7信号方式ISDNユーザー部(ISUP)スペシャル・ラポータ、サービス用シグナリング関連プログラム管理グループ議長。
    1998年、日本エリクソン(現エリクソン・ジャパン)株式会社に入社。
    2005年、エリクソン北東アジアCTOを経て現職。