マナティ

86354-074-3.jpg

購入形態

書籍
1,540円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

マンガでわかる 「孫子の兵法」に学ぶビジネス戦略

シーアンドアール研究所

戦争用に書かれた孫子の兵法を現代ビジネスに応用するには、現代風に噛み砕く必要がある。本書は、主人公が「孫子の兵法」で成功していくマンガにより、どんな場面で兵法の言葉を活用していけばいいのかが理解できる。

目次

●第1話兵とは詭道なり
●第2話兵とは国の大事なり。死生の地、存亡の道、察せざるべからざるなり
●第3話小敵の堅は大敵の擒なり
●第4話始めは処女の如くにして、敵人、戸を開き、後は脱兎の如くにして、敵拒ぐに及ばず
●第5話人を致して人に致されず
●第6話進みて禦ぐべからざる者は、その虚を衝けばなり
●第7話先ず勝つべからざるを為して、以って勝つべきを待つ
●第8話迂を以って直と為し、患を以って利と為す
●第9話将は国の輔なり。輔周なれば則ち国必ず強く、輔隙あれば則ち国必ず弱し
●第10話善く戦う者は、勝ち易きに勝つ者なり
●第11話彼を知り己を知れば、百戦して殆うからず
●第12話激水の疾くして石を漂わすに至る者は勢なり
●第13話我れは専まりて一と為り敵は分かれて十と為らば、是れ十を以って其の一を攻むるなり
●第14話其の来たらざるを恃むことなく、吾れの以って待つ有ることを恃むなり
●第15話地形には、通ずる者あり、挂ぐる者あり、支るる者あり、隘き者あり、険なる者あり、遠き者あり
●第16話金鼓・旌旗なる者は人の耳目を一にする所以なり
●第17話其の無備を攻め、其の不意に出ず
●第18話虞を以って不虞を待つ者は勝つ
●第19話戦いは、正を以って合い、奇を以って勝つ
●第20話善く守る者は九地の下に蔵れ、善く攻める者は九天の上に動く
●第21話勝者の民を戦わしむるや、積水を千仞の谷に決するが若きは、形なり
●第22話算多きは勝ち、算少なきは勝たず
エピローグ

著者プロフィール

  • 矢野新一(著者)

    矢野 新一(やのしんいち)
    昭和24年東京生まれ。昭和46年専修大学を卒業(経営学・コンピュター専攻)。卒業後、市場調査機関(株)マーケティングセンターに入社。その後、(株)ランチェスターシステムズに入社。ランチェスター戦略の教祖故田岡信夫氏の右腕として、企業の戦略導入に東奔西走、豊富な実務経験を活かし、独自の販売戦略を開発、数多くの企業を短期間に地域ナンバー1とする。田岡信夫死去後、昭和60年に(株)ランチェスター戦略研究所を設立し、平成2年12月に(株)ナンバーワン戦略研究所を設立、現在に至る。ランチェスター戦略理論を企業の戦略ベースに応用した実績は大きく、販売戦略、エリアマーケティング等の実践的な指導で定評がある。著書は「ローラー作戦 地域No.1戦略」(ビジネス社)、「戦略の心得」((株)ジェイック)など47冊。地方広告会社のコンソーシアム「メイシス」の広告審査委員も務める。主な指導会社は、大中小あわせて数百社、しかもメーカー・問屋・小売業・サービス業・不動産業・住宅建設業・選挙参謀など、あらゆる業種業態に精通、No.1販売戦略の威力を実証している。また、県民性研究の第一人者であり、県民性に関する著作は19冊にのぼる。

    【担当編集者から】
    孫子の兵法の原文を知っているだけでは現代社会で実用するまでには至りません。本書は、孫子の兵法を仕事に生かす例をドラマ仕立ての長編マンガで紹介しています。これで兵法を現代に応用するコツを掴んでから他の兵法の本も読むと、また違った楽しみ方を見つけられるのではないでしょうか。(遠藤直樹)