マナティ

購入形態

EPUB
3,596円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

After Effects 標準テクニックブック

ビー・エヌ・エヌ新社

モーショングラフィックス、コンポジット、ビジュアルエフェクト等について、知っておきたいテクニックを掲載した、中上級者向け解説書。

本書は、映像制作には欠かせないモーショングラフィックスソフト、Adobe After Effectsの逆引きテクニック集となります(CS6、CC対応)。After Effectsを使う上で知っておきたい定番テクニックを、モーショングラフィックス、コンポジット、ビジュアルエフェクト等から総合的にピックアップし、60本収録しました。どれも映像制作の現場では基本とも言えるテクニックで、これらをしっかりと身につければ、それぞれを組み合わせてよりクオリティの高い映像をつくることも可能でしょう。ソフトに標準搭載された機能のみでつくることができる、中・上級者に向けた、実践的な解説書です。

発売日:2018-02-15

ページ数:320ページ

目次

PART 01 タイトル
01:テキストが一文字ずつ大きさを変えて現れる
02:テキストが一文字ずつフェードアウトする
03:テキストがランダムな順番で変化する
04:フレーム単位でテキストの内容が変化する
05:マスクパスに沿ったテキストアニメーションをつくる
06:奥行きのあるテキストアニメーションをつくる
07:背景に沿ったテキストをシャドウでつくる
08:テキストの色を使ったシャドウのアニメーションをつくる
09:レイトレース3Dで厚みのあるテキストをつくる
10:押し出したテキストの周囲をカメラで一周する
11:砂を掃いたように文字が消えていくアニメーションをつくる
12:文字が揺らめきながら切り替わる
13:カメラのピントがゆっくりと合う
14:文字上を光が通過する1
15:文字上を光が通過する2
16:動画を文字で切り抜く
17:キラキラしたモールのような文字のアニメーションをつくる
18:氷が砕けて文字が現れる
19:石板から文字が抜き出る
20:水面に浮かぶ文字が波紋で揺れる

PART 02 イメージ
21:線幅が変化するカリグラフィのアニメーションをつくる
22:霧を照らすサーチライトで空気感や奥行きを出す
23:残像を描きながらランダムに動く光をつくる
24:霧の中からタイトルが現れる
25:古い凸レンズのゆがみを表現した望遠映像をつくる
26:顕微鏡でのぞいた浮遊する粒子の映像をつくる
27:ブロックノイズがランダムに変化するデジタルダメージ映像をつくる
28:白飛びしてノイズが入ったアナログダメージ映像をつくる
29:デジタル電波障害で映像がフリーズする現象をシミュレートする
30:色数が少なくドットが目立つ高圧縮された映像をつくる
31:青色LEDの電光掲示板を背景に合成する
32:凹凸のあるガラス窓越しからのぞいた風景をつくる

PART 03 合成
33:映像の動きにマッチしたタイトルを合成する
34:動きのある映像内にオリジナル看板を合成する
35:トラッキングで光の剣をつくる
36:放熱で起こる空気の揺らぎをつくる
37:カメラレンズ風にぼけた光を加える
38:窓明かりを合成する
39:蛍のような光の粒子を生成する
40:画像に電灯の光を合成する
41:一枚の写真から奥行き感のある映像を作成する
42:不要なものを映像から消去する
43:CGを実写に映り込ませる
44:毛や樹木のような細かいディテールのある素材を合成する
45:画面動を作成する

PART 04:エフェクト
46:オリジナルのクロスフィルターと一括コントロールの方法
47:ゆがみによって絵画の中に飛び込むような効果を与える
48:エフェクトを使って目の部分だけを大きくする
49:逆光で放射状に伸びるシャドウをつくる
50:映像を線画イラストのようなアニメーションにする
51:映像内のキャラクターと背景を分離してシルエット動画にする
52:線画イラストのカラーを変える様々な方法
53:ストロボ撮影風に一連の動きを1つの画面に重ねて表示する
54:ガラスにあたる雨を表現する
55:奥行き感のある雪を降らせる
56:七色に描画した平面レイヤーを変形して虹を作成する
57:映像内の対象物だけ輪郭を光らせる
58:単色だけ色を変える
59:ハイライトを強調する
60:建物の窓から漏れ出るような透過光を作成する