ABOUT FACE インタラクションデザインの本質|Tech Book Zone Manatee

マナティ

9784839981884.jpg

購入形態

PDF
6,589円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

[予約] ABOUT FACE インタラクションデザインの本質

マイナビ出版

『About Face: The Essentials of Interaction Design』第4版の日本語版が登場。

インターフェースデザイン・インタラクションデザイン解説書の定番。インタラクティブデザインにおいて効果的で実践的な方法(デザイン原則・デザインパターン・デザインプロセス)を解説しています。第4版ではスマートフォンやタブレットが普及した世の中で、モバイルアプリ・タッチインタフェース・画面サイズなど考慮すべき点を新たにまとめています。

本書は全3部で構成されています。
第1部では、ゴールダイレクテッド・デザインプロセス、デザインチームの構築、プロジェクトチームとの統合について詳しく説明します。
第2部では、ほとんどのプラットフォームにおけるインタラクションデザインの問題に適用できる、高度なインタラクションデザインの原則を取り上げます。
第3部では、モバイルやデスクトップ、ウェブなど、プラットフォーム固有のインターフェースデザインの原則について解説します。

発売日:2024-08-14

ページ数:608ページ

目次

第1部 ゴールダイレクテッド・デザイン
 第1章 デジタル製品に適したデザインプロセス
 第2章 問題を理解する:デザインリサーチ
 第3章 ユーザーのモデリング:ペルソナとゴール
 第4章 ビジョンを設定する:シナリオとデザイン要件
 第5章 製品をデザインする:フレームワークの設定とデザインの精緻化
 第6章 創造的なチームワーク

第2部 振る舞いと形態のデザイン
 第7章 優れた製品の振る舞いの基本
 第8章 デジタルエチケット
 第9章 プラットフォームとポスチュア
 第10章 中級者向けに最適化
 第11章 オーケストレーションとフロー
 第12章 作業の軽減と間接的負荷の削減
 第13章 メタファー、イディオム、アフォーダンス
 第14章 データ入力、格納、検索の再考
 第15章 エラーの防止と意思決定の通知
 第16章 様々なニーズに対応するデザイン
 第17章 ビジュアルデザインの統合

第3部 インタラクション詳細
 第18章 デスクトップのためのデザイン
 第19章 モバイルおよび他デバイスのためのデザイン
 第20章 ウェブのためデザイン
 第21章 デザイン詳細:コントロールとダイアログ

著者プロフィール

  • Alan Cooper(著者)

    Alan Cooper
    Cooperの創設者であり、モダンコンピューティングのパイオニア。Visual Basicの基礎を作り、「Visual Basicの父」と呼ばれる。またペルソナ手法の考案者としても知られる。

  • Robert Reimann(著者)

    Robert Reimann
    Interaction Design Association (IxDA)の創設者。PatientsLikeMeの主任インタラクションデザイナーであり、かつてはCooperのデザインR&Dディレクターを務める。

  • David Cronin(著者)

    David Cronin
    GEのデザインディレクタ―。Smart Designのインタラクションデザイナーであり、かつてはCooperのマネージングディレクターを務める。

  • Christopher Noessel(著者)

    Christopher Noessel
    Cooperの初代デザインフェローであり、『Make It So』の共著者。世界中でデザインについて教え、講演を行っている。

  • 上野学(監訳)

    上野学
    デザインコンサルタント/デザイナー。各種ソフトウェアのヒューマンインターフェース設計およびユーザビリティ評価に従事。ソシオメディアにおいてデザインメソッド開発を担う。執筆、講演など多数。

  • ソシオメディア株式会社(翻訳)

    ソシオメディア株式会社
    「Designs for Transformation」を標榜するデザインコンサルティング会社。エクスペリエンス・ストラテジー、デザインリサーチ、ヒューマンインターフェースという3つのテーマを柱にソリューションを提供している。また、海外文献の紹介から国内外の識者・実践者を招聘したイベント開催まで、幅広くデザイン活動を展開中。近年、調査と制作の溝を埋める設計アプローチ「OOUI(オブジェクト指向ユーザーインターフェース)」を提唱し注目を集めている。