マナティ

購入形態

PDF
62,640円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

電子書籍ビジネス調査報告書2012

インプレス

この一冊で電子書籍ビジネスを網羅的に理解できる

本調査報告書は電子書籍市場の市場規模分析や各関連プレイヤーの動向、電子書籍分野で理解すべき最新動向、出版社の電子書籍ビジネスに関する現状と意向調査、ユーザーの電子書籍プラットフォームに対する意向調査など多角的に分析し、この一冊で電子書籍ビジネスを網羅的に理解できる調査報告書である。

発売日:2018-02-01

ページ数:344ページ

目次

表紙
掲載データの取り扱いについて
はじめに
目次
第1章 電子書籍の市場規模
1.1 電子書籍市場規模の推移/1.1.1 市場規模の推移
1.1.2 2012 年以降の市場規模の予測
1.1.3 電子雑誌市場規模
1.1.4 市場規模の内訳
1.1.5 電子書籍のタイトル数
1.1.6 電子書籍のプラットフォーム別平均単価
第2章 電子書籍ビジネスの業界構造と最新動向
2.1 電子書籍ビジネスの業界構造/2.1.1 電子書籍の流通経路
2.1.2 電子書籍業界で相次ぐ組織再編と相互連携
2.2 電子書籍ビジネスの最新動向/2.2.1 アマゾンとは何か
2.2.2 出版デジタル機構設立
2.2.3 経済産業省「コンテンツ緊急電子化事業」
2.2.4 リアル書店と電子書籍
2.2.5 老舗電子書店の躍進
2.2.6 クラウド化する電子書籍ストア
2.2.7 App Store,GooglePlay の動向
2.2.8 電子書籍とデジタルマーケティングの課題
2.2.9 紙書籍のベストセラー作品からみる電子化状況
2.2.10 人気作家から見る電子書籍化状況
2.2.11 米国からみる電子雑誌ビジネスの最新動向
2.2.12 ソーシャルメディアと電子書籍ビジネス
2.2.13 新規ビジネスの動向1 <Kindle Single などの短編出版物やマイクロコンテンツの可能性>
2.2.14 新規ビジネスの動向 2 <EPUB3 とPOD(プリントオンデマンド)を組み合わせた書籍出版>
2.2.15 新規ビジネスの動向3 <本棚の共有化>
2.2.16 新規ビジネスの動向 4 <EPUB における有料メルマガ配信ビジネスの可能性>
2.2.17 新規ビジネスの動向 5 <音声合成エンジンを利用したオーディオブック配信>
2.3 2012 年度の電子書籍市場の展望
第3章 国内・海外の電子書籍販売ストア、電子取次の最新動向
3.1 国内の電子書籍ストアの動向/3.1.1 LISMO Book Store
3.1.2 honto
3.1.3 BookLive!
3.1.4 紀伊國屋書店BookWebPlus
3.1.5 Reader Store
3.1.6 BOOK☆WALKER
3.1.7 TSUTAYA.com eBOOKs
3.1.8 GALAPAGOS STORE
3.1.9 Yahoo!ブックストア
3.1.10 eBookJapan
3.1.11 電子書店パピレス
3.1.12 電子貸本Renta!
3.1.13 Book Gate
3.1.14 どこでも読書
3.2 海外の電子書籍ストア動向/3.2.1 Kindle
3.2.2 Kobo
3.2.3 NOOK
3.2.4 Google
3.3 電子取次の動向/3.3.1 ビットウェイ
3.3.2 モバイルブック・ジェーピー
3.3.3 メディアドゥ
第4章 国内出版社の電子書籍ビジネスに関する現状と課題調査
4.1 調査概要/4.1.1 調査概要/4.1.2 回答者のプロフィール
4.2 調査総括
4.3 電子書籍の実態/4.3.1 電子書籍の有無
4.3.2 電子書籍のジャンル
4.3.3 電子書籍の販売チャネル
4.3.4 電子書籍の総タイトル数/4.3.5 電子書籍化されたタイトルのオリジナル
4.3.6 電子書籍のファイル形式/4.3.7 縦書きの電子書籍の有無
4.3.8 App Store へのアプリの提供状況/4.3.9 紙と電子の同時発売の有無
4.3.10 電子書籍化の実作業の担当/4.3.11 ソーシャルリーディングへの取り組み
4.3.12 電子書籍に対して実施したマーケティング手法
4.4 電子書籍に対する意向/4.4.1 電子書籍商品の企画立案者/4.4.2 電子書籍ストアへの提供方針
4.4.3 出版契約書における電子書籍化についての条項の有無
4.4.4 書籍(紙)と比較して適正だと思う電子書籍の価格
4.4.5 強化すべきと思う電子書籍における出版社の役割/4.4.6 EPUB への対応方針
4.4.7 DRM への考え方
4.4.8 電子書籍によって広がると思うビジネスの可能性
4.4.9 アマゾンPOD サービスに対する意向/4.4.10 電子書籍ビジネスにおけるハードル
4.4.11 出版デジタル機構の利用意向
4.4.12 現在と3 年後における書籍(紙)と電子書籍の売上比率や利益比率(自由意見)
4.4.13 電子書籍に対する自由意見
第5章 ユーザーの電子書籍利用実態
5.1 調査概要/5.1.1 調査概要
5.2 留意事項/5.2.1 集計方法について/5.2.2 誤差について
5.3 回答者のプロフィール
5.4 利用状況/5.4.1 端末所有状況
5.4.2 利用率
5.5 利用者のプロフィール
5.6 利用実態/5.6.1 利用機器
5.6.2 利用している電子書籍のジャンル
5.6.3 利用場所
5.6.4 購入先
5.6.5 購入先の選択基準
5.6.6 購入先はいつも同じか
5.6.7 電子書籍ストアへのアクセス
5.6.8 1 か月の平均利用金額
5.6.9 1 か月の平均購入冊数
5.6.10 今後の利用金額の見込み
5.6.11 有料モバイルアプリの利用状況
5.6.12 利用している有料アプリのジャンル
5.6.13 1か月あたりのアプリの平均購入金額
5.6.14 アプリの購入金額のうち電子書籍が占める割合
5.6.15 大人買いの経験
5.6.16 購入形態
5.6.17 マルチデバイスでの利用
5.6.18 電子書籍の探し方
5.6.19 購入のきっかけ
5.6.20 人への紹介経験
5.6.21 満足度
5.6.22 よいと思う点
5.6.23 表示形式(リフロー)への意向
5.6.24 電子書籍の購読で欲しい機能
5.6.25 電子書籍ならではの機能や付加価値に対する意向
5.7 非利用者の意向/5.7.1 今後の利用意向
5.7.2 電子書籍を利用したくない理由
5.8 今後の意向/5.8.1 電子書籍を購読したい端末
5.8.2 購読したい電子書籍のジャンル
5.8.3 紙に対する電子書籍の利用割合の予想
5.8.4 電子書籍が普及すると思う時期
5.8.5 電子書籍の価格水準への意向
5.8.6 紙書籍の発売から電子書籍の発売を待てる期間
第6章 2011-2012 年電子書籍ニュース一覧
6.1 2011-2012 年電子書籍ニュース一覧
執筆者紹介