マナティ

購入形態

PDF
1,760円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

最高の1枚を「撮る・仕上げる」で生み出す 超絶写真術

インプレス

SNSで人気の写真家たちが伝授! 魅了する作品づくりの超絶技巧

「イメージ」「ロケーション」「撮影」「RAW現像」で、見る人を魅了する最高の1枚が撮れる!

SNSでも人気のフォトグラファー7人が、ロケーション選びから撮影テクニック、そしてRAW現像テクニックに至るまで、最高の1枚を生み出すための超絶技巧を解説します。

特に難しいイメージのあるRAW現像は、どのように行うのか、STEP形式で解説しているので、初めてでも簡単に仕上げることができます。

※本書のRAW現像の手順はLightroomを使って解説しています

映り込みをいかした「清々しい爽やかな風景」
花をポツンと配置した「もの寂しげな花」
イルミネーションが特徴的な「都会的なスナップ」
どこか懐かしい感じの「フィルムのようなポートレート」
煙が印象的な「SF世界のような工場夜景」
彩度を抑えた「シックなテーブルフォト」
など

イメージキーワードごとに解説しているので、自分の撮りたい作風に合わせて調べられます。

SNSで「この写真すごい! どうやって撮ったんだろう?」と思ったことがある人は必見です。
本書を読んであなただけの最高の1枚を生み出しましょう!

発売日:2017-07-07

ページ数:160ページ

目次

表紙
ギャラリー
Basic Technique 最高の1枚を生み出す7つのメソッド/01 最高の1枚への第一歩は「イメージを持つこと」
02 インスピレーションを得て最高の1枚を生み出す
03 事前の撮影準備が最高の1枚を生み出す
04 最高の1枚にするためにはRAWで撮影しておこう
05 RAW 現像で最高の1枚を作り上げる
06 現像時はゴールを設定して最高の1枚に近づける
07 最高の1枚を大勢の人に見てもらう
CHAPTER 1 風景写真の超絶技巧
01 湖面の映り込みを活かした風景写真は映り込みをクリアに見せる
02 春霞の柔らかい印象を作り桃源郷のイメージを強調する
03 静かな雪中の竹林は構図と色で表現する
04 どっしりした神々しい富士山を雲の配置と立体感で表現
05 超広角レンズと放射構図で映画のワンシーンのような夕空に
06 レトロ感のあるボケで輝く梅を春らしく幻想的に
COLUMN あなたはオレンジ派? 紫派? 夕景写真の捉え方
CHAPTER 2 花写真の超絶技巧
01 ふんわりしたイメージは柔らかい光と前ボケで表現する
02 広い空と密集するヒマワリで永遠に続くかのような印象に
03 肉眼では見えない美しい光景を幻想的に表現する
04 哀愁漂う空気感をオールドレンズ特有のボケ味で表現
COLUMN 大きなボケで印象的に! 花の愛らしさを引き立てるレンズ選び
CHAPTER 3 スナップ写真の超絶技巧
01 シンメトリーの美しさでドラマチックな印象を強調する
02 古都のお正月を降り積もる雪とともにフレーミングする
03 シルエットの形と動感を強調してエレガントなストリートスナップ
04 赤く光る提灯を主役にしてその場の雰囲気を伝える
05 白と黒の二極化した世界で都市のスタイリッシュさを表現
COLUMN スナップ撮影がさらに楽しくなる! 面白スナップの極意
CHAPTER 4 ポートレートの超絶技巧
01 花畑に囲まれた女性は逆光を利用して絵画のようなふんわりとしたイメージに
02 窓から差し込む光を作りアンニュイな雰囲気を演出する
03 満開の桜の中に佇む女性を前ボケと日中シンクロを使って印象的に
04 雨の日とストロボで華やかなポートレートを演出する
05 低コントラスト+グリーン感でフィルム特有の色調を再現する
06 鮮やかな色とポージングがシルエットの美しさを引き出す
COLUMN 悪天候なんて関係ない! カメラマンとしての心得3カ条
CHAPTER 5 夜写真の超絶技巧
01 撮影場所選びとシャドウ表現でキラキラ幻想的に輝かせる
02 ビルの凹凸と雲の表情で壮大&スタイリッシュな都市夜景を表現する
03 煙をアクセントにして工場夜景を異世界風に捉える
04 鮮やかな花火を画面いっぱいにして万華鏡のようなイメージに
05 映り込みと色使いで闇に浮かぶ桜の城を上品に
06 アニメのワンシーンのように夏の天の川と大木を切り取る
COLUMN 絶景スポットに出会ったときに覚えておきたいたった1つのこと
CHAPTER 6 テーブルフォトの超絶技巧
01 半逆光の陰影に青みをプラスして光あふれる朝のキッチンを表現
02 人の動作を写し臨場感と温もりを演出する
03 余白を活かした構図や明るい色で主役に視線を集める
04 色数と彩度を抑えてテーブルコーデをシックに表現
COLUMN カフェでテーブルフォトをオシャレに撮るテクニック
奥付

著者プロフィール

  • 別所隆弘(著者)

    琵琶湖を中心とした半径200kmを対象として“Around the Lake”というテーマで撮影している。四季の風景や飛行機、花火、都市夜景など「文化と自然」が交わるところを好んで撮影する。東京カメラ部10選2014。

  • 黒田明臣(著者)

    広告や雑誌、企業のビジネス写真を中心に活動中。WEBマガジンのヒーコを運営。東京カメラ部10選2015。

  • 小山満太郎(著者)

    多感な時期に写真にハマるが、その後、絵画の道を目指し京都精華大学日本画を専攻。Instagramなどの出現により、写真欲が復活して再び写真の世界へ。東京カメラ部10選2016。

  • 北村佑介(著者)

    花を撮るフォトグラファーとして2015年に独立。年間100回以上の写真教室を開催。東京カメラ部コンテスト2015年・2016年・2017年入賞。

  • 千田智康(著者)

    日常をアーティスティックに、そして見た人がそれぞれにストーリーを思い描いて楽しめる写真を目指し撮影している。東京カメラ部10選2012。

  • イルコ 光の魔術師(著者)

    神戸を拠点として、全国でポートレート、ファッション、ダンス、ブライダル撮影、セミナー講師をしている。また、YouTubeで撮影テクニックの動画を多数公開。

  • Nana*(著者)

    テーブルフォトを中心に、日常の1コマを切り取りSNSなどに投稿。展示会の案内状やCDジャケットなどへの写真提供のほか、企業主催の写真撮影ワークショップ講師など幅広く活動中。