マナティ

Webクリエイター能力認定試験エキスパート 公式テキストブック

マイナビ出版

サーティファイ Web利用・技術認定委員会が主催する「Webクリエイター能力認定試験」は、Webページを制作するためのXHTMLファイルのコーディング能力、および基本的なデザイン能力を有し、Webサイトを構築するためのクリエイター能力を測定・評価する認定試験です。現役のWebクリエイターはもちろんのこと、Webディレクターやプログラマー、デザイナー、それらを目指す学校や教育機関で学習されている方など、Webにかかわる全ての方々を対象としています。

Webクリエイター能力認定試験
http://sikaku.gr.jp/web/index_wc.html

本書はこの「Webクリエイター能力認定試験エキスパート」の公式テキストブックです。前半は試験の出題範囲に沿いつつ、Web制作の現場でプロとして仕事していくために必要な知識とノウハウを解説していきます。後半は試験と同一形式のサンプル問題(知識問題、実技問題)を掲載し、その解法を解説します。

「第1章 基礎知識」ではブラウザー、ドメイン、コーディング、画像など、Web制作の基本項目を解説。「第2章 ビジュアルデザイン」では、Webページの画面設計、グリッドシステム、配色、デザインの基本原則タイポグラフィなど、デザイン全般の基本知識をまとめています。「第3章 HTMLとXHTML」「第4章 CSS」では、HTML/XHTMLとCSSについて学習していきます。

「第5章 動的コンテンツと動画」ではFlashほか各種動画のフォーマットについて、「第6章 ユーザビリティとアクセシビリティ」ではWebユーザビリティ、Webライティング、Webアクセシビリティについて、「第7章 サイト制作のワークフロー」ではサイトのファイル設計やレイアウトのパターンについて、それぞれ解説していきます。「第8章 サンプル問題とその解説(知識問題)」「第9章 サンプル問題とその解説(実技問題)」には、「Webクリエイター能力認定試験 エキスパート」の試験と同一形式のサンプル問題を掲載しています。付属CD-ROMに収録されたサンプルデータを用いて、力試しにぜひ実際に取り組んでみてください。その後の解説で答え合わせをしながら、必要に応じて第1章?第7章に戻って再読すると、より理解が深まることと思います。

Web制作の現場で必ず役立つ実践的な知識とスキルを凝縮・厳選し、わかりやすくまとめていますので、受験目的の人だけでなく、Web制作に関してスキルアップを目指す人にも最適なカリキュラムとなっています。

発売日:2012-04-07

ページ数:328ページ

著者プロフィール

  • 鷹野雅弘(著者)

    鷹野雅弘(たかのまさひろ)
    株式会社スイッチ Webサイトの構築やコンサルティングを中心に、WebやDTPに関しての講演やトレーニングのほか、スクールなどのカリキュラム開発も手がける。テクニカルライターとして10冊以上の著書を持つほか、書籍の企画や編集なども行っている。2005年からCSS Nite(http://cssnite.jp/)を主宰。2009年から日刊デジタルクリエーターズ、デジタルハリウッドとともにDTP Booster(http://www.dtp-booster.com/)を開催。主な著書に『Webクリエイター能力認定試験スタンダード 公式テキストブック』(マイナビ)、『効率的なサイト制作のためのDreamweaverの教科書(CS5.5対応版)』(共著、マイナビ)、『10 倍ラクするIllustrator仕事術』(共著、技術評論社)、『できるクリエーター Dreamweaver 独習ナビ』(インプレス)、『Illustrator CS4 完全制覇パーフェクト』(共著、翔泳社)、企画編集を行った書籍に『現場のプロから学ぶXHTML+CSS』(マイナビ)など。