AI技術史 考える機械への道とディープラーニング|Tech Book Zone Manatee

マナティ

2950137011000000000g.jpg

購入形態

PDF
2,970円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

AI技術史 考える機械への道とディープラーニング

インプレス

新刊『作って学ぶ WordPress ブロックテーマ』
が期間限定30%OFF!

AIを理解するために知っておきたい歴史

●技術知識がなくても読める本格的なAI史
本書は英オックスフォード大学のコンピュータサイエンス研究者マイケル・ウルドリッジ教授による、AI(人工知能)の一般向け解説書です。AIは高度なコンピュータ技術であり、その実像を技術レベルで理解することは容易ではありません。しかし、本書は技術的知識がなくても、コンピュータの歴史を通じて、AI の技術的な概念や意義について正しい理解ができるように工夫されています。

●AIの歴史とディープブレイクスルー
本書の前半ではコンピュータ技術の黎明期から続く人工知能の研究の歴史を振り返ます。チューリングマシンと言われる思考実験上の機械から、コンピュータ技術の開発史に触れ、人工的な知能を作り出すためのさまざまなアプローチを紹介します。また、21世紀におけるディプラーニングの登場やそれらがなぜ大きなブレイクスルーをもたらしたのかについても触れます。後半ではAIの可能性やそれがもたらす社会の変化、注意すべき事象や将来の姿について考察をめぐらしていきます。

●本当のAI の姿を知る
AIがどのように開発され、どのような状況にあり、将来どのような姿になるのか、そして人間は本当に「意識のある機械」を作れるのか?本書はAIを知り、それを有効に活用するための必読の入門書です。

発売日:2022-03-18

ページ数:328ページ

目次

表紙
クレジット・正誤情報
はじめに
Part I AIとは何か
1 チューリングの電子頭脳
1.1 1935年ケンブリッジ
1.2 実際に電子頭脳は何を成し遂げたか
1.3 AIはなぜ困難なのか
1.4 チューリングテスト
1.5 チューリングテストナンセンス
1.6 さまざまな人工知能
1.7 チューリングテストを越えて
1.8 汎用AI
1.9 頭脳か精神か
Part II これまでの道のり
2 黄金時代
2.1 AIの最初の夏
2.2 分割して征服せよ
2.3 SHRDLUとブロックの世界
2.4 ロボットSHAKEY
2.5 問題解決と探索
2.6 AIは複雑さの障壁に衝突する
2.7 錬金術としてのAI
2.8 黄金時代の終焉
3 知は力
3.1 ルールによって人間の知識を獲得する
3.2 MYCIN:エキスパートシステムの古典
3.3 ブームの再来
3.4 論理ベースのAI
3.5 論理としてのプログラム
3.6 Cyc:究極のエキスパートシステム
3.7 瑕疵出現
4 ロボットと合理性
4.1 ブルックスの革命
4.2 行動主義AI
4.3 エージェントベースのAI
4.4 HOMER:完全なエージェント
4.5 AIアシスタント
4.6 合理的な行動
4.7 不確実性に対処する
4.8 SiriがSiriに出会ったら
4.9 AIは成熟した
5 ディープブレイクスルー
5.1 機械学習の概要
5.2 パーセプトロン - ニューラルネット・バージョン1 -
5.3 コネクショニズム - ニューラルネット・バージョン2 -
5.4 ディープラーニング - ニューラルネット・バージョン3 -
5.5 ディープマインド
5.6 汎用AIに向かうのか
5.7 巨大な分裂
Part III これからの道のり
6 AIの現在
6.1 医療におけるAI
6.2 無人運転車
7 どのような問題が考えられるか
7.1 シンギュラリティは戯言
7.2 アシモフについて話そう
7.3 トロリー問題について語ることの不毛
7.4 倫理的AIの勃興
7.5 何を望むか慎重でなければならない
8 どのような問題が起きそうか
8.1 雇用と失業率
8.2 アルゴリズムによる疎外と労働の質的変化
8.3 人権
8.4 殺人ロボット
8.5 アルゴリズムの偏向
8.6 多様性(の欠如)
8.7 フェイクニュース
8.8 フェイクAI
9 意識をもつマシンへの道
9.1 意識、心、さまざまな神秘
9.2 強いAIは不可能なのか
9.3 心と身体
9.4 社会的脳
9.5 意図的スタンス
9.6 マシンは信念や欲望をもちえるか
9.7 意識をもつマシンに向けて
9.8 それはわれわれに似ているか
付録A ルールを理解する
付録B PROLOGを理解する
付録C ベイズの定理を理解する
付録D ニューラルネットを理解する
読書案内
用語解説
索引
奥付

著者プロフィール

  • Michael Wooldridge(著者)

    ◎Michael J. Wooldridge(マイケル・ウルドリッジ)
    西ヨークシャー・ウェイクフィールド生まれ。オックスフォード大学教授。リバプール大学を経て2012年より現職。マルチエージェントシステム、計算論理、ゲーム理論に興味をもつ。マンチェスター大学でコンピュータ科学の博士号を取得。ACMとAAAIのフェローであり、人工知能に関して400編を越える論文を発表している。

新刊『作って学ぶ WordPress ブロックテーマ』
が期間限定30%OFF!