マナティ

 試し読み

購入形態

PDF
2,948円
数量:

カートに追加されました。カートを見る

カートに入れる
紙の本を買う

DMM.comを支えるデータ駆動戦略

マイナビ出版

日本最多のサービス(ECサイト、ゲーム、動画etc...)を手掛ける企業「DMM.com」の基盤は[データ駆動戦略]にあった。

Part1では、データ駆動戦略の全体像を説明していきます。事業を科学的に捉え、数値モデルやKPIモデルへと落とし込む過程で生まれる「データ」というファクターをもとに事業を捉えていきます。
Part2では、データ駆動戦略を進めるために重要な体制づくりについて説明していきます。「データ」を武器として、事業をグロースさせるための仮説検証プロセスをアジャイル開発で実現していく流れやデータから学習できる組織の作り方などが体験できます。
Part3では、DMM.comが実践するデータ駆動戦略を体系的に紹介していきます。データ民主化という観点やデータを集約するデータ基盤の作り方を説明していきます。最後には、DMM.comの多くのサービスを支える基盤となっている「商品レビュー」をベースに、実際の[データ駆動戦略]を体験することができます。
エンタープライズのみならず、ECサイトの運営に悩む方にも読んでいただきたい書籍です。

発売日:2020-09-24

ページ数:400ページ

目次

Part1: 事業を科学的アプローチで捉え、定義する
 Chapter1 : データ駆動戦略でのプロダクト開発の全容公開
 Chapter2 : 事業を数値モデルで表現すると予測と自動化ができる
 Chapter3 : 仮説検証を回しながら不確実性を下げていく

Part2 : 強固な組織体制がデータ駆動な戦略基盤を支える
 Chapter4 : なぜ、学習できる組織が必要なのか
 Chapter5 : 戦略的Unlearnによる組織モデルの構築
 Chapter6 : 組織構造から発生する力学を操作する

Part3 : データを駆動させ、組織文化を作る
 Chapter7 : データを集約して民主化する
 Chapter8 : 商品レビューをデータ駆動でグロースさせてみよう!

著者プロフィール

  • 石垣 雅人(著者)

    合同会社DMM.com 総合トップ開発部 部長
    2015年度 エンジニアとして新卒入社。
    2017年よりDMM.comのアカウント・認証におけるバックエンド基盤のプロダクトオーナーを経て、2018年7月にリードナーチャリング領域を強化するチームの立ち上げを行う。2020年より、DMMの総合トップなどを管轄する総合トップ開発部の部長を務める。現在はアプリプラットフォーム基盤のプロダクトオーナーにも従事。

  • 松本 勇気(監修)

    合同会社DMM.com CTO
    東京大学工学部在学中より複数のベンチャーを経て13年1月、Gunosyに入社。複数のニュース配信サービスの立ち上げから規模拡大、機械学習アルゴリズムやアーキテクチャ設計を担当する。
    また新規事業開発室担当として、BlockchainやVR/AR技術のR&Dに従事したのちLayerX社を立ち上げ。2018年10月、DMM.comのCTOに就任しグループの技術戦略や経営管理を推進。日本CTO協会理事として日本全体のDXやソフトウェア活用推進を目指す。